16位、日本の5年債利回り - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

16位、日本の5年債利回り

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

12世紀、イタリア。

北イタリア都市のベネチアでは、政府が交易で富を蓄積した商人から資金調達をするようになりました。

十字軍遠征などの、戦費調達のためです。

実際は市民からの強制借入でしたが、税収を担保に貸付債券が発行されました。

国債の起源です。

 

現代、アベノミクスでは金利が急騰し、住宅ローンなどへの波及が懸念されました。

影響はもちろんありますが、日本の国債金利は世界的に見てまだまだ異例に低く、短期間のうちに混乱を招くことはあまり考えられません。

主要国の国債利回り(5年債)は以下の通りです。

 

 NO    国家        利回り

  1    ブラジル        10.22

  2    インドネシア    7.64

  3    南アフリカ      7.52

  4    インドネシア    5.63

  5    メキシコ        5.13

  6    中国         3.48

  7    マレーシア      3.41

  8    タイ         3.32

  9    オーストラリア  3.30

 10    韓国         3.29

 

 11    フィリピン      2.48

 12    イギリス        1.48

 13    米国         1.43

 14    フランス        1.26

 15    ドイツ       0.80

 16    日本         0.34

 

  ※日豪を除き2013/6/21時点

 

日本は16番目にようやく現れました。

新興国の金利が高いのは周知の通りですが、明らかに金利の低い先進国と比べても日本の低金利は際立ちます。

米国・イギリス・ドイツ・フランスの平均利回りは1.24%で、日本はその4分の1程度です。

 

もっとも、日本も高金利を謳歌した時代がありました。

かのバブル時代で、1990年9月28日の10年債利回りは8.105%(出典:財務省「国債金利情報」)。

もちろんこれは飛び抜けて高い利回りでしたが、10年債の平均利回りは「1990年代3.95% 2000年代1.45%」で、それなりの水準がありました。

2013年6月24日における日本の10年債利回りは0.878%で、まだかなりの戻り余地があります。

 

これまでの水準は様々な面で異例で、ようやく底を脱し始めました。

急変は歓迎されませんが、総じて“正常化”の流れであり期待と共に見守れそうです。

 

☆貯蓄率135.2%の個人年金保険

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

OPPO、躍進(2016/11/04 09:11)

このコラムに類似したコラム

「国の税収、24年ぶり高水準!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/12/11 11:36)

サードパーティーブームの終焉。ギリシャの債務延滞 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/07/03 09:00)

長期金利の閾値 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/05/22 09:00)

飛び込めば英雄、米国文系就職 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/11/01 09:00)

これは中期的に見て円安でしょうね 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/22 08:45)