ある日突然殺されるか、ゆっくり殺されるか - 住宅イメージ - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ある日突然殺されるか、ゆっくり殺されるか

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅イメージ
建築的 シックハウス・シックライフ
ツイッター、今さら何でこうしたか↓というと、
https://twitter.com/survival_design

プロフィールが正々堂々としっかりしてると、流してる情報も信用してくれるし、
原発事故で「こんなん絶対にやっちゃダメ」って目覚めた、話せば届きそうな人達たちに、これからは言ってこうと思って。

「今の建材はほぼ全て産廃予備軍の有害材料、山に穴掘って埋めるのよ」っていう事や、

「平成12年以前、特に昭和56年以前の建築は耐震基準が甘々だから、我が子を一瞬で殺すことになるからね」とか、

「地震で火に巻かれる、水没する、山が崩れて生き埋め、そういうエリアに住んでないよね?」とか、

「宅内の電磁波被曝もゆっくり殺されてく、放射能と同類なのよ」とか、

「ローンで変動金利になんかしたら、これから経済が壊れるのに金利跳ね上がるよ」とか、

「分譲マンション買ったら(新築も中古も)はいずれ、壊せないし直せない、最悪の不良資産化する」とか、

「外国の木材はちょびっとしか安くないのに、遠い海を石油を大量に燃やして渡ってくる。日本では木が余り山を殺している」とか、

「輸入の石材は、劣悪な児童労働で生産されてる。それを日本人が買うから途上国でまた児童が人さらいの餌食になる」とか。

建築のプロとして、なかでも『現代のサバイバル』をやたらと考え続けてきた建築家のサバイバルデザインさんとして、ね。

あとは
「換気扇は三菱が最大手、照明やインターホンは東芝が大手だけど、原発の責任とらないような企業は、不買しような」とか、ね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム

このコラムに類似したコラム

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

大阪府の耐震診断・改修助成金制度 福味 健治 - 建築家(2013/07/17 05:37)

大阪狭山市の耐震診断・改修助成金制度 福味 健治 - 建築家(2013/07/12 07:41)

高石市の耐震診断・改修助成金制度 福味 健治 - 建築家(2013/07/11 07:46)

藤井寺市の耐震診断・改修助成金制度 福味 健治 - 建築家(2013/07/09 09:21)