建築写真のこと。 - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

建築写真のこと。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談
ものづくりの現場から
テナントさんの入居までに時間がとれる。
竣工写真を 建築写真家・安川千秋先生に お願いした。
 
建築写真は 空と光もまた主役 といえるかもしれない。
梅雨時の空模様にタイミングをはかりながら、何度も現地まで
おもむいていただいた。手間を惜しまぬプロフェッショナルだ。
 
設計ご苦労されましたね。と、これまで何度となく掛けられた
言葉のあとに、東孝光氏の 塔の家 を8棟並べたようですね。
と 昭和の名住宅のひとつと例えられたのには、いささか恐縮。
 
建築写真。撮影機器はかわった。
シノゴ じゃなく EOS(35mmフィルム)で撮るなんぞは
アナログ時代には 邪道っぽかったところ、いまじゃふつーに
EOS(デジタル)だ。
EOSには対応する広角のシフト・レンズがあるので、そもそも
建築写真の撮影には向いている。私もアナログEOS派だった。
シャッターを切るのに ためらいがいらない。
こんな感じだけど、どお? と その場で確認ができる。
レタッチもO.K.
いいことづくめのはずなのに、寂しく感じるのは昭和のDNA。
 
雑誌メディアの中の 建築写真も変わった。
私が学生時代の頃、『新建築』など 建築専門誌に掲載される
建築写真には 家具や人物など 生活感は極力消されていた。
いまは、そのぎゃく。(のように感じる。)
生活感を写し込んだ住宅建築の写真は、自然でいい感じである。
ただ、いざ撮影となると
お住まいの方に、いささかご迷惑をお願いするのが気が引ける。
 
そんな よもやまばなしをしつつ
夕闇の撮影を終える。
やきあがりが、たのしみだ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ものづくりの現場から」のコラム

このコラムに類似したコラム

函館をゆっくりと。 石塚 和彦 - 建築家(2010/10/08 19:01)

ノックくらいしろ! 杉浦 繁 - 建築家(2010/08/13 21:13)

オープンハウスでどんな質問しますか? 桜田 有央 - 建築プロデューサー(2010/06/12 18:38)

【スキップテラスの家】掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2016/04/14 13:44)