「不安定」という言葉に象徴される ~境界性パーソナリティ障害 その6~ - 人格障害 - 専門家プロファイル

フィールマインド 代表カウンセラー
東京都
心理カウンセラー
090-5606-6857
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「不安定」という言葉に象徴される ~境界性パーソナリティ障害 その6~

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 人格障害
境界性パーソナリティ障害

今回で「境界性パーソナリティ障害」についてとりあげてきたこのコラムも6回目になります。

これまでは、パーソナリティとは何ぞや?というところから、症例をいくつか挙げてご説明してきましたが、今回は、ここまでのまとめという形で書いてみたいと思います。

前回(第5回)のコラムで
「一見異なる症状で多様に現れるこの障害も、ある1つの言葉に集約される」
と書き、その漢字3文字を謎かけ風に問いましたが、わかりましたでしょうか?
回答は安定】です。具体的には
感情の不安定さ
行動の不安定さ
対人関係の不安定さ

楽しそうにしていたかと思うと急に落ち込む
賞賛していた相手を突然こきおろすようになる
過食・拒食、リストカット、OD(大量服薬)を繰り返す
過剰なまでの異性遍歴
このように「症状」としてのあらわれ方は様々ですが、感情や行動、対人関係の面で、極端な不安定さを見せるという点では共通していて、激しい感情の揺れ方が対人関係でトラブルに発展したり、逆に対人関係のストレスが感情を不安定にし、自傷行為を起こしたりといった風に、それぞれの不安定さが関連し合っているのです。

原因については
「自分はこういう人間である」という自己イメージが描けない
→感情がブレやすく、その感情の揺れから問題行動を起こす
ことが大きいと考えられています。

ブレない生き方
最近よく聞く言葉ですが、これは「自分はこういう人間であるということを認め、それに肯定感情を持って生きていく」ということです。

ブレない生き方、できていますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回はこの障害を抱えるようになる「病因」について、現在唱えられている諸説をご説明してみたいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
フィールマインド 代表カウンセラー

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

正社員をしながらボランティアの電話相談員をしていました。「どんな電話も切らない」理念の中で恋愛、自死、癖、愚痴、色々な話を聴かせて頂きました。資格取得後はハラスメント相談員を経て現職。相談件数は2200件を超えます。悩みに大小はありません。

090-5606-6857
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「境界性パーソナリティ障害」のコラム

このコラムに類似したコラム

統合失調症の原因、治療のために大切なポイント みき いちたろう - 心理カウンセラー(2016/08/01 08:05)

対人関係がうまく築けない ~境界性パーソナリティ障害 その11~ 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2013/08/31 15:42)

態度がコロコロ変わる人 ~境界性パーソナリティ障害 その3~ 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2013/05/26 02:00)

【コラムのつなぎ目】4/19 うつの話をしましょう 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2013/04/20 01:02)

うつ病の分類(3) 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2007/02/22 00:00)