教育費は本当に1,000万円かかるのか?(1) - 教育資金・教育ローン全般 - 専門家プロファイル

藤 孝憲
FPオフィス ベストライフ 代表
埼玉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

教育費は本当に1,000万円かかるのか?(1)

- good

  1. マネー
  2. 教育資金・教育ローン
  3. 教育資金・教育ローン全般
教育資金

 幼稚園から高校まで公立で,大学は私立4年制の場合,子ども一人につき1,000万円かかると言われています。

 果たして,本当に1,000万円かかるのでしょうか。

 今回は,教育費について見ていきたいと思います。

  ライフプランや教育費を話題にしているサイトでは,文部科学省が発表している『子どもの学習費調査』と『私立大学大学院入学者に係る初年度学生納付金平均額』を基にしています。

 幼稚園から高校までが公立,大学は私立大学理工系の場合で,合計1,045万円程度かかります。(詳細は一番最後をご覧ください)

 この額ですが,実際の教育費と差がでる可能性は次のとおりです。

 「計画以内で教育費が抑えられる可能性」

 ・地域の教育費が平均値以下である。

 ・計画ほど物価が上昇しない。

 ・国公立大学,私立文科系に進学する。 など

 「計画以上に教育費がかかる可能性」 

 ・地域の教育費が平均値以上である。

 ・計画以上に物価が上昇する。

 ・幼稚園が私立である。

 ・医歯薬系の大学に進学する。など

ライフプランの立て方,ご家族の考え方により,計画上の数値が変動します。

 ・高校は必ずしも希望通り公立になるとは限らないので,私立の学費を採用する。

 ・大学の学科選択

 ・予備校に通う年数 など

 このように,同じデータを基にするにしても,どのようにライフプランに盛り込むか,私の場合は,ご家族の考えをお伺いしながら作成しています。もちろん,一つひとつ細かく決めていたら,不確定な要素のため,時間がかかるばかりなので,優先順位を考えながら決定していきます。

 ライフプランの話に逸れてしまいましたが,「教育費一人につき1,000万円」といっても,少し考えると変動してしまうことは分かって頂けたかと思います。

 次回はもう少し具体的な数値を見てみたいと思います。

  3歳 4歳 5歳      
幼稚園(公立) 192,046 205,368 264,926      
幼稚園(私立) 542,004 482,398  586,516       
  1年 2年 3年 4年 5年 6年
小学校 323,308 245,331 254,006 299,519 305,438 393,795
中学校 456,379 396,103 527,036      
高校 462,603 380,515 332,149      
  入学料 授業料 施設設備 実験実習 その他  
大学 252,277 989,234 170,764 67,427 64,707  
※平成22年度『子どもの学習費調査』と平成24年度『私立大学大学院入学者に係る初年度学生納付金平均額』(文部科学省)

このコラムに類似したコラム

教育費は本当に1,000万円かかるのか?(3) 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/14 20:24)

教育費は本当に1,000万円かかるのか?(2) 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/06 01:00)

世帯の教育費負担が38.6%! 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/17 11:53)

教育費を知っておきたい方に 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2011/06/24 15:06)

「教育への公的支出、日本32位に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/09/30 11:15)