「新商品、続々登場!」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

清水 康弘
株式会社参創ハウテック 代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「新商品、続々登場!」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
家づくり

 弊社が期待している事業でもあるekreaパーツからブラックステンレス脚のフレームキッチンを発売しました。

 従来型のステンレスフレームキッチンは、今も尚月に数台は売れていますが、さらに大人の雰囲気を醸し出したブラックステンレスを上市しました。

 折角、住宅建築会社を営んでいるのですから現場で困ったことやあんなことどんなことをプロダクトアウトできる会社になれば良いと思います。

 さて、話は全く変わりますが住宅業界はどこも活況を呈しているとのことです。
 アベノミクスでインフレ誘導したことから、金利先高観や消費税率引き上げ前の駆け込み需要からだと推察されます。

 ところが弊社のような家づくり工務店は、急に数を求めることが出来ませんし、毎年同じことを繰り返すだけが取り柄です。
 ですから、周囲が絶好調の時でも弊社は普通、この普通を貫き通すことが将来への存続の鍵を握っていると確信しています。

 会社は成長させてナンボ?と助言下さる方も数多くいらっしゃいますが、注文住宅づくりの仕事に関して言えば、数を求める=お客様に迷惑をかけることだと考えていますので、そこのところは全く譲る気持ちはありません。
 自分でやってみるとよ~くわかることです。

 とは言え、会社全体で考えれば社員がしだいに年を取ってきますし、成長は必然です。
 年を重ねるとどんどん体力が弱ってきますから、今度は頭を使わなくてはなりません。

 それを具現化できるのが現場のあんなことどんなことを商品化に繋げるパーツの仕事だと考えています。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな。」これが家づくり工務店の真髄だと思っています。

このコラムに類似したコラム

「設計力のある工務店で家を建てよう」 清水 康弘 - 工務店(2014/03/14 10:07)

「大阪出張」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/27 14:31)

「なるほど???」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/13 21:32)

「ショールームの飾付けと関くんの発表」 清水 康弘 - 工務店(2013/11/15 17:35)

「ELLE DECO INTERNATIONAL DESIGN AWARDS」 清水 康弘 - 工務店(2013/10/28 11:49)