小さな目標を達成する - コーチング全般 - 専門家プロファイル

上前 拓也
コーチングOffice友歩 エグゼクティブ・コーチ
北海道
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小さな目標を達成する

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
仕事や私生活で皆さん「目標」って持っていますでしょうか。

「目標」という言葉は、なんだかすごい事をやり遂げるようなイメージがあります。

特にビジネスにおいては、「新しい契約を結ぶ!」とか、「新製品を開発する!」とか、大きなものをイメージしそうです。

大きな目標を持って、それに進むのはとてもよい事です。
出来る出来ないは別にして、それに向かって進んでいる事が素晴らしい事だと思います。


しかし、目標が大きすぎて、実行前から「ちょっと無理かも・・・」と尻込みしてしまうこともあります。




「目標」というのは、必ずしも大きなものじゃないといけない、というルールはありません。

どんなに小さな事でも、本人が「これが目標」って決めればそれは立派な目標です。


「明日から、起きる時間を5分早くする」
「職場の朝の挨拶を大きな声でする」
「掃除機を毎日かける」


これらみんな素敵な目標です。なんだか達成出来そうではないでしょうか。


今日お伝えしたいのは、「達成」する事には大きな効果があるという事です。

目標を達成すると、達成感が生まれて脳の中の快楽物質が働き
とてもリラックスします。そして充実感が沸いてきます。



そしてもう一つ。

小さな目標を達成すると、次の目標のステップに繋がるのです。

最初の小さな目標を達成した時に、充実感が沸きます。


「掃除機をかける」という目標を達成した時に、「あれ?もしかして自分は掃除が好きなのかな?」という気持ちになった事はありませんか?

実はこれは、掃除が好きというよりも、小さな目標を達成した快感からくるものです。



小さな目標を達成したら、次のステップに進む。
無理なく目標達成している内に、仕事上での大きな目標達成にも
近づいてくるはずです。


いきなり大きな目標に立ち向かうよりも近道です。
 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

叱った後のフォローは効きにくい 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/28 11:09)

ペットは仕事の目的達成能力を高めてくれる 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/11/07 14:35)

プロコーチのセミナーに参加して 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/01/07 20:15)

失敗><; またやってしまった。 阿江 忠司 - ビジネスコーチ(2011/12/15 12:00)

自分詐欺の法則 咲桜 佳美 - ビジネスコーチ(2011/09/21 16:07)