要件をうまく伝えるための方法はありますか?】 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

要件をうまく伝えるための方法はありますか?】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ホームページを作ろう!
「要件をうまく伝えるための方法はありますか?」

システムの方に下記のような質問があったので、私なりの回答です。

フローチャートなどで考える


これは要件を伝えるという意味もありますが、要件を考える上でも必要です。
頭の中で考えて口頭だけで伝えるということは結果的に齟齬を生みますし、
伝達がうまくいかず、時間が余計にかかることが多いです。
手を動かすということは製作者だけでなく、依頼者にも必要です。

伝えることを絞る


細かい機能は経験のあるディレクタやSEに任せて、やりたいこと(目的と概要)に絞って、
残りは任せるということも重要です。
これはデザインにも言えることですが、細かいことに依頼者が口を出しすぎると
結果的に上手くいかないことが多いです。

INPUTとOUTPUTの具体的なイメージを作る。


例えば「A」という文字を入れたら「B」という結果が出るということを
きちんと伝えましょう。
検算も出来ますし、細かい要件でも意思疎通の齟齬を防ぐことが出来ます。

システムもお任せください

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ホームページを作ろう!」のコラム

ウェブ媒体で採用する方法(2009/06/02 22:06)

IRサイトに必要な要件(2008/05/16 20:05)