死亡保障と医療保障のバランス - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

死亡保障と医療保障のバランス

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、今日は横浜・長崎開港記念日です。
最近では鎖国という政策の見直しもされているようです。

保険について書いています。
保険事故の起こりやすさによって支払保険料は決まります。

死亡に比べれば、病気・ケガ・入院といった保険事故は起こりやすいです。
従って、同じ保険金ならば医療系の保険の方が高くなります。


例を出すと

・死亡したら1,000万円もらえる
・所定の病気になったら1,000万円もらえる

この二つだと、下の保険の方が保険料は高くなります。
死亡よりも発症のほうが起こりやすいからです。


簡単にまとめると、医療系の保険事故を考えると

・死亡に比べて、社長が事業に関与できる可能性が高い
・死亡保険に比べると保険料が高いので、同じ保障はつけづらい

将来のリスクと目の前の支出、両方の面から考えてみます。
やはり医療系保険は死亡保険よりも軽めの保障で良い、というのが妥当な結論です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

保険の総括 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/08 07:00)

弁護士共済なんてのもありまして 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/07 07:00)

「誰でも入れる」ということは良いことなのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/04 07:00)

医療系保険による保障の考え方 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/03 07:00)

保険料の仕組み 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/01 07:00)