人事のグローバル化に伴う影響 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人事のグローバル化に伴う影響

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は人事のグローバル化についてのお話です。

板ガラス世界2位の日本板硝子は23日、スチュアート・チェンバース副社長(51)が6月27日付で社長に昇格する人事を発表しました。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080424AT1D230A623042008.html

チェンバース氏は2006年に買収した英ガラス大手ビルキントン出身。海外子会社トップを本体社長に抜てきしたグローバル経営を加速させるとのことです。

経営のグローバル化に伴う、このような人事のグローバル化の流れは、今後ますます加速していくことでしょう。

今回のような外国人経営者ということでなくても、海外支社長や海外工場長出身の経営者、外資系コンサルティングファーム出身の経営者、海外MBAホルダーの経営者などの様々なパターンが考えられます。

取引先企業がいつこのような流れに飲み込まれるかも分かりません。

中堅・中小企業経営者として、人事のグローバル化に伴う自社への影響は意識しておく必要があるでしょう。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)