同居家族の食事の用意って公的介護保険の対象外・・・ - 老人ホーム・介護 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

同居家族の食事の用意って公的介護保険の対象外・・・

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老人ホーム・介護
雑感 業務その他

先日参加した友人の終活セミナーでは、相続問題よりも、

介護問題の話が中心的な問題意識として検討されました。

介護保険制度は40歳から保険料を支払う仕組みになっており、

保険料を支払う期間が短いため、

財源が乏しくなる問題も取り上げられていました。

 

また、公的支援であるために、要介護認定が必要であり、

要介護認定を受けた者に対する支援のみしか受けることができず、

例えば、要介護者に対する食事の用意はできても、

同居家族の分の食事を用意することはできない、

等の問題もあるようです。

 

介護保険では対象外となるサービスを支援する事業者もあるようで、

セミナーで知り合いました

一般社団法人 全国育児介護福祉協議会(ぜんしきょう)

http://www.zenshikyo.com/

もそのような団体の1つです。

 

0歳から会員になれ、全世代による支え合いを旨とする全祉協は、

公的な介護保険制度に上乗せして、より充実した介護を提供するため、

介護保険外の時間サービスを行っています。

 

奥様が要介護状態になってしまったために、

旦那さんが食事の用意ができないとしても、

公的な介護保険では、奥様の食事の用意しかできませんが、

全祉協をはじめとした介護保険外サービスを行う民間介護業者を

お使い頂くと、家族の食事の用意も介助する事ができるわけです。

 

「男子、厨房に入らず」の時代に育ったシニア世代にとっては

奥様が倒れて要介護状態になるということは、

家族の健康危機でもあるのです。空恐ろしいことですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「雑感」のコラム

経営力強化保証制度(2013/05/10 13:05)

脱税事件が・・・(2013/03/05 22:03)

このコラムに類似したコラム

介護保険制度でサービスの見直し 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/05 11:06)

介護保険料率を引き上げ 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2014/01/14 20:08)

介護サービスを利用するには 京増 恵太郎 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/24 10:52)

「お年寄りの顔を輝かせたい」 作品展をプロデュースしました 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2012/10/02 10:57)

老後 生活設計 介護サービスを利用する手続き 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/09 09:00)