【SEO】どんな文章構造にすればいいのか - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【SEO】どんな文章構造にすればいいのか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
集客につながるホームページ 訪問者数を増やす方法
人から指示される文章であること。
これが検索エンジン対策でも、ホームページに本来求められている機能という観点からも、最も重視されるべき事です

とはいえ、検索エンジンは被リンク数だけを評価しているわけではなく、ページの内容を把握しようとしています。

検索エンジンはロボット(ソフトウェア)ですから、文字だけを見ています。
そして、そのソフトウェアの基本は米国で作られています。
そのため、英語の言語構造を元に、意味を解釈する様に作られているのです。

ですから、検索エンジン対策を考えた文章とは、英語的な構造になっていればよりよい結果を望めます。



具体的には、以下の様な特徴で作成すると効果があります

1.キーワード頻度



 英語だけでなく、日本語でも、その文章で重要な単語、言いたいことというのは、何度も何度も出てくるものです。
 したがって、その文章で頻出する単語を、キーワードとして認知されます。
 逆に言えば、このキーワードで上位に表示させたいと思った単語があれば、そのキーワードを文章の中にできるだけ埋め込んでいくのです。

2.キーワードの出現位置



 英語は言いたいことは始めに言うという構造になっています。
 したがって、文章の始めの方に出てきた単語は、重要度が高いと見なされます。
 逆に言えば、ヒットさせたいキーワードは、文章の前の方に出した方が効果的であるということです。


3.タイトル



 日本語もそうですが、英語の文章では、言いたいことをタイトルにしてしまう事が非常に多いため、キーワードは、タイトルに入れておくと効果が上がります。
 文章を作るとき、このタイトルを適切にいれていき、そこにキーワードを入れていくのです。


4.強調



 言いたいことは太字にして強調することが多いでしょう
 従って、キーワードを太字にしておくと効果が上がります


こうした事を考えながら、原稿を作成し、ホームページ製作会社に依頼すれば、SEOに強いページを作ることができるのです。

 
集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一