外国人医師国家試験事情3実技試験について - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

きけがわ歯科医院 新横浜インプラント矯正クリニック 
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外国人医師国家試験事情3実技試験について

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
インプラント治療
昨日に続いて、外国人医師国家試験事情Part3です。

初日の筆記試験を終えると、二日目には朝から
口腔内科:麻酔をして、歯と歯の間にある虫歯を削り白い詰め物をする
口腔外科:親知らずの抜歯
口腔修復:被せものを作製するための土台の削りだしと整形および型取り

全ての科目では試験官が2−3人立ち会い、まずは自己紹介から始まり、治療をするための根拠、副作用、問題点、全身病歴等の説明や口頭試問を英語でやりとりを行います。日本語の使用や言葉のやりとりが成立しない場合、途中退場です。試験が始まるとステップ毎にチェックを受けて進めていきます。

各科目制限時間内に終了させます。

試験官は北京大学(日本の東大以上のレベル)と首都医科大学(日本の東京医科歯科大学以上のレベル)から抽選で選ばれた先生達がなります。

やはり、外国人が中国で治療をするための試験ということもあって、プライドをもって厳しくチェックを行うドクターが数人いらっしゃいました。(^_^;)

初めての場所、診療台、機械や試験であるなど色々と強烈なプレッシャーとの闘いでした〜〜。(^◇^;)

久しぶりに学生時代に戻った様でした。

本当に色々と準備に関わっていただいた人たちには言葉で表せない位、深く感謝いたします。ありがとうございました。m(__)m

「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(歯科医師)
きけがわ歯科医院 新横浜インプラント矯正クリニック 

もう一度噛める喜びのために。対話を重視した治療を心がけます

"For Patients"~患者様のために~ きけがわ歯科医院 新横浜インプラント・矯正クリニックでは治療は当然のこと、対話にも時間を設けて患者様に優しい治療を目指して日々努力しています。

カテゴリ 「インプラント治療」のコラム

土曜日は青山〜銀座へ(2008/11/12 23:11)