自分を認めるためのプレ・ステップ - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上前 拓也
上前 拓也
(パーソナルコーチ)
中川 淳一郎
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分を認めるためのプレ・ステップ

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
こんなとき、どうする? 自分を認めるには
昨日は、今ある自分を認めるには、まず否定文を
否定して、肯定文で自分を見る、表現するクセを、
とお話しました。

ところがこれでもなかなかできない人も多いもの。
ひとつに、「習慣」の問題があります。

つまり、ついネガティブなところを見てしまうクセ、
否定文で物事をとらえる習慣がついているのです。

今までは無意識にやってきたので、クセとも
思わず、そういうものとして見ているかもしれません。

でも、習慣とは一日でつくわけではないので
今まで、繰り返してつけてきたもののはず。

さらに、うれしいことに先天的にネガティブな習慣を
持っている人はいませんから、どこかから後天的に
身に着けたもの。

誰かに何か言われたとか、何かの経験とか。
確かにそういうものはありますが、過去に
縛られることもないし、過去=未来でなくても
いいのです。

それに、ネガティブな習慣だって身についたのですから
新しい反対のクセも、同じように繰り返してやれば
ちゃんとつけられます。

今日からまず意識することが大切です。

それから、自分の中の何かが許せない状態だと
肯定的に見ることも認めることもしんどくなります。

だから何か許せないことがあるなら、自分を認める前の
プレ・ステップとして、先にこちらを消化しておくことを
お勧めします。

たとえば、自分の何かやったことで、自分に
対して怒ったり、許せなかったりしていませんか?

もしそうなら、もうそろそろいいんだ、とその気持ちを
解放してください。その気持ちで一番損をしているのは
あなた自身でもあります。

怒りや許せない気持ちがなくなれば、ココロも軽くなって、
自分を認めることも楽になります。

それから、自分を認めることをもう少し広い意味で
とらえてみましょう。

コラムの続きはこちら

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「こんなとき、どうする?」のコラム

条件をつけなくてもいい(2008/04/24 16:04)

今ある自分を認めるには(2008/04/22 16:04)