東芝訴訟 激務でうつ病 認め解雇無効 東京地裁判決 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東芝訴訟 激務でうつ病 認め解雇無効 東京地裁判決

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
その他
東芝深谷工場(埼玉県深谷市)で勤務していた元社員が、激務でうつ病になったのに解雇されたのは不当として、東芝に解雇の無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁は22日、解雇を無効とした上で未払い賃金や慰謝料など約2800万円の支払いを命じた。東芝は即日控訴した。4月22日20時21分配信 毎日新聞より
 判決などによると、重光さんは、01年4月にうつ病と診断され、同9月から療養したが、会社側は04年9月に休職期間が満了したとして解雇した。
月平均90時間を超えた時間外労働や切迫したスケジュールが肉体的・精神的な負担を与え、うつ病を発症させたと判決は認定した。
東芝広報室は「控訴審で会社主張の正当性を再度立証していく」とコメントした。


こんな事故はこれから益々増えるのではないでしょうか。

バブル崩壊後に企業の収益は改善傾向にあり、経費などの支出は増えるが人件費はバブルの反省からか増えていません。また、インフラの向上により今まで異常に付加価値の高い仕事を求められます。ストレスの根源ですね。

精神疾患も補償されるかどうか?医療保険の購入のポイントになるのではないでしょうか?今ご契約の医療保険は精神疾患は補償されますか?確認して起きましょう。心配ならば、健康なうちに買い換えも要検討と思います。


その他情報はこちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog