国旗の揚げ方、アレコレ - 海外マナー・プロトコール - 専門家プロファイル

田中 郁夫
大阪府
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マナー

竹田 理絵
竹田 理絵
(マナー講師)
松井 千恵美
松井 千恵美
(マナーコンサルタント)
松井 千恵美
(マナーコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国旗の揚げ方、アレコレ

- good

  1. スキル・資格
  2. マナー
  3. 海外マナー・プロトコール

みなさん、こんばんは。

普段みなさんは、ホテル正面玄関などに掲揚されている国旗に注目しますか?普通は、あまり凝視しないと思います。

色々なイベントや歓迎の意味合いから、ホテルでは通常、国旗掲揚をします。で、写真を掲載しますのでご覧ください。

このホテルは、USJのオフィシャルホテルです。ホテルによって、ポールの本数、揚げ方、並べ方などなどに特徴があります。風がなびいていれば、よく見えますし、無風であればよく見えないですね~当たり前ですが・・・。

これらは、ホテルスタッフが毎朝、毎夕、掲揚及び降納をしています。基本的に夜間は掲揚しませんので、毎日の作業になります。ただし、照明設備などがきっちり整っていれば掲揚しても問題はありません。しかしそれでも、降雨時などは降納しないといけません。

前述で、ホテルによって特徴がある・・・と言いましたが、実は決まってます、国旗掲揚の仕方は・・・。違うのは、ハード面などの事情からくる特徴だと思います。写真通りでいけば、ホテルの正面に向かって左に米国の国旗が、そして右に日本の国旗が・・・。とにかく、これが基本です。そして、一応のルールとして、国旗以外の団体旗、社旗などは同列に掲揚してはいけません。ただし、その場合のルールも決まってますが、ともあれ、ホテル個別の考え方があったりすので、ここではソレもよし!としておきましょう。

国旗掲揚に関しては、非常に難しい側面も持っています。大丈夫だと安易に考えないようにしたいものです。また、今日のニュースで潜水艦の話がありました。国連の決まりでは、相手国の領海を潜航する際などは、浮上した上で国旗掲揚する・・・ということです。今のところ、国籍不明・・・ということですが、平和な日本ですが、決してそうも言ってられないです。

というようなことで、国旗は非常にデリケートで、しっかり敬意を表さないといけません。また、続編を書きたいと思います。

 

このコラムに類似したコラム

最近のトピック! 田中 郁夫 - 研修講師(2014/02/05 13:20)

さて、2014をどうするか?! 田中 郁夫 - 研修講師(2014/01/01 14:51)

影のサポートはホテルマン! 田中 郁夫 - 研修講師(2013/05/05 23:44)

コンラッドのラウンジ 田中 郁夫 - 研修講師(2012/08/11 23:47)