30年間の不倫交際した男が癌に - 民事事件 - 専門家プロファイル

田中 圭吾
オフィスライト行政書士田中法務事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

30年間の不倫交際した男が癌に

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
不倫・浮気・慰謝料 慰謝料請求する側
ご相談されたのは、70歳代の女性です。


彼女は未婚者ですが、30年以上前より既婚の男性と交際をしていました。


その男性が、末期癌であることがわかったのです。


30年間のうち、かなりの期間同居しており、ここ3年は完全に同居していました。


相談者は男性の食事の世話など家事全般、金銭的援助もしていたのです。


その間、男性は妻とは離婚すると言いながら結局離婚は成立していません。


相談者の女性は、このまま男性が亡くなってしまうことを考えました。


今からでも男性に慰謝料などを請求できないかと相談されたのです。



相談者の場合、重婚的内縁関係が成立している可能性はあります。


内縁の場合、内縁関係を正当な理由なく破棄するなら慰謝料を請求できる場合があります。


ですが、今回は破棄しているわけではありませんし、死亡してしまった場合、相続財産に対して慰謝料は請求できないでしょう。


ただ、内縁関係であるなら、財産分与を請求できることもあります。


よって、亡くなった彼の財産について財産分与を請求できる可能性があるのです。


ただ、この女性も男性の奥さんに請求されれば慰謝料の支払い義務がある可能性もあります。


様々なことを考慮する必要がありますが、財産分与をあてにするのも危険ですから、今の段階で金銭要求するしかないでしょう。




不倫相談は下記へ!

E-mail right@ncn-t.net

「不倫慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/right/

「不倫慰謝料ネット」
http://right.boo.jp

「離婚慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/rikon/

「法務コンサルタント オフィスライト行政書士田中法務事務所」
http://www.ncn-t.net/kt-co


(注意)

ご相談内容がそのままブログに公開されたり、相談者が特定できるような内容は掲載いたしません。

安心してご相談ください。