肋骨を絞めてくびれをゲット!飛距離もアップ! - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肋骨を絞めてくびれをゲット!飛距離もアップ!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

昨日は骨盤を立てるがテーマでしたが、今日は肋骨です。

 

肋骨を絞めて、くびれも飛距離もゲットしちゃいましょう!!

 

肋骨を絞める=ピラティス呼吸ですが、ポイントは肋骨の内側を意識することです。

 

肋骨の周りには外肋間筋と内肋間筋があります。

外肋間筋はアウターマッスルで息を吸うときに使います。

内肋間筋はインナーまするで息を吐くときに使います。

 

鼻から息を吸って肋骨を左右に広げます。

口から息をはあ~と吐きながら左右に広げた肋骨を絞めていきましょう。

左右の肋骨を編みこんでいくイメージです。

できる限り長く吐けるように頑張ってください。

浅い呼吸だと、内側(深層部)の筋肉まで意識がなかなかいきにくく、アウターマッスルの外肋筋のみでしか呼吸ができていない場合があります。

一生懸命呼吸の練習をしても、効果が表れないというときは、内肋間筋が使えていないかもしれませんので、最初は難しいかもしれませんが、頑張って肋骨の内側を意識して呼吸をしてみましょう。

 

肋骨をしっかり絞められるようになると、くびれができてくる他にも、沢山のメリットがあります。

 

肋骨がしまると、腰回りの筋肉がゆるんでくるので、腰痛の方にとっては楽になってきます。

さらに、お腹をへこませるようになります。

(逆に肋骨がしまっていないと、お腹をへこませようとしてもなかなか難しい・・・)

 

また、ゴルファーにとっては、肋骨が絞められると、お腹全体でしっかりアドレスをつくることができるので、お腹からスイングができるようになります。

身体とクラブを一体に使えるようになってくるので、手打ちが軽減され、クラブがしなって走ってくれるようになり、その結果飛距離もアップ!

パワフルなスイングとなってきます。

 

もちろん、女性だけでなく、男性にも必須です!!

 

早速一日5回、肋骨の内側を意識しながら、ゆっくり呼吸の練習をしてみましょう!!

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ゴルフにも呼吸のトレーニングは大切です 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/06/05 17:47)

ゴルファー向け腰痛の痛みを緩和するエクササイズその2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/04/14 19:04)

腰痛ゴルファーには必須のゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/04/11 13:26)

女性ゴルフ「CURUCURU」最新コラム-【ピラティスで代謝UP】掲載 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/07/09 10:44)

女性ゴルフサイト「CURUCURU」コラム掲載始まりました 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/07/05 16:46)