景品表示法 合理的根拠資料の解釈について - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
石川 雅章
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

景品表示法 合理的根拠資料の解釈について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現

景品表示法 合理的根拠資料の解釈について
   ~間違った理解がリスクを高める~

最近、弊社クライアントより、
以下のような景品表示法に関する、ご質問を受けました。

【質問内容】
=====
行政側より、景品表示法に関する合理的根拠の提出要求を
受けた場合・・・

指定の期間内に
・合理的根拠を提出すれば、処分を受けない
・社内資料は、合理的根拠資料となりえない

上記の内容を聞いたのですが、この解釈は正しいのでしょうか?
=====

残念ながら、上記2点の解釈はどちらも正しくありません。
それぞれについて、詳しく回答していきましょう。

~~~~
指定の期間内に
・合理的根拠を提出すれば、処分を受けない
~~~~
【回答】
合理的根拠資料を提出さえすれば、処分を受けることはないのか?
実際、複数の社内、社外を含めた根拠資料を提出しても、
「措置命令」を下された事例がございます。

取材を通して
当時「排除命令(公正取引委員会時代)」を受けた際、
対象企業は、行政処分を不服として、審査請求、地方裁判所、
高等裁判所へと審議の場を移していきました。

当該の合理的根拠資料を確認するに、
第三者、大学機関等で試験を行っている資料でありました。

つまり、「合理的根拠資料」を提出したからといって、
処分を受けないとは断言できない。根拠資料の内容と精度が大切。


【行政側の背景を理解することが大事】
国側としては、人が動く以上、処分を前提に動きます。
*人が動く=税金が使われる、必ず結果を残すことが大事。
つまり、ほぼ100%に近い形で、何らかの処分を下します。
(これは、取材を通して、そのように行政側が意図していました)


~~~~
・社内資料は、合理的根拠資料となりえない
~~~~
取材を通して、以下、行政より合理的根拠の解釈について
回答をもらっています。

【合理的根拠として】
・社内でも社外でも可能(必ず社外の第三者機関である必要はない)
⇒信憑性及び実験条件等を考えると第三者機関を推奨する
・実験条件が正しいもの
・統計学的にとらえて平均値をとること
・再現可能な状況で実験及びテストを行うこと

以上、社内資料=根拠資料とはなりえない
この解釈も間違っています。

社内資料=根拠資料とはなりえない と伝える ということは・・
⇒これは、無知による解釈ミス か
⇒意図的に、社外によるデータの取得を勧める(商いとして)
上記のように意図を感じます。


景品表示法は、消費者に提供するサービス・商品
すべてに関係してくる法律です。
正しく理解し、商いをする上で、リスクを最小限にしていきましょう。


以上、今後も最新事例を通して、
薬事法・景品表示法・健康増進法の事例を解説致します。

広告の作り方メールマガジン メールマガジン登録

http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社

http://aksk-marketing.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

このコラムに類似したコラム

統計学と景品表示法 合理的根拠資料 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2013/07/18 12:10)

薬事法・健康増進法・景品表示法 基礎知識 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2011/06/20 11:00)

健康食品 口臭予防 薬事法 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2011/03/01 13:40)

薬事法・景品表示法・健康増進法・機能性食品セミナー2014年9月4日(木)開催 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/06/17 14:40)

【薬事法コラム】即効性・すぐに 効果訴求の広告表現を検証 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/05/31 17:25)