日経記事;『「京」の100倍の性能 スパコンで世界一奪還へ 文科省、20年稼働目指す』に関する考察 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『「京」の100倍の性能 スパコンで世界一奪還へ 文科省、20年稼働目指す』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
経営コンサルタントの活動 新規事業開拓・立上支援

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

5月6日付の日経新聞に、『「京」の100倍の性能 スパコンで世界一奪還へ 文科省、20年稼働目指す』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『文部科学省は2014年春から、世界最高性能の次世代スーパーコンピューターの開発に着手する。11年に世界一の計算速度を達成した理化学研究所のスパコン「京」を100倍ほど上回り、20年ごろの稼働を目指す。

スパコンは国の科学技術力の指標となるほか、産業競争力を左右するとされ、世界で開発競争が激化している。世界一を奪還するため、1000億円規模の開発費を投じる。

スパコンは最先端の研究や製品開発に欠かせない。超大規模計算で高精度の模擬実験を行えば、研究開発に要する時間やコストを大幅に減らせ、実験では解明できなかった現象も把握できる。

8日に開く文科省の有識者会議で開発計画が了承される見通し。来年度予算の概算要求に研究開発費を盛り込む方針だ。

京は毎秒1京(京は1兆の1万倍)回の計算能力を持つ。一昨年に世界一になったが、最新ランキングでは3位に後退している。次世代スパコンは同1エクサ(100京)の水準を目指す。欧米や中国も同様のスパコンを20年前後に完成させる計画で、文科省は開発の前倒しも検討する。

文科省は次世代スパコンをまず防災に活用する。性能が京の100倍になれば、地震や津波、局地的な集中豪雨などを精度よく再現でき、例えば特定の都市で起きる被害を予測して住民に最適な避難経路を提示できる。

産業競争力向上にもつなげる。京では、第一三共が新薬候補の選別に使っているほか、トヨタ自動車がエンジン内部で燃料が燃える様子の解析に利用している。

次世代スパコンでは、体内で起こる現象を分子レベルで再現して最適な薬の開発につなげるほか、遺伝情報を比較して患者にとって最も効果的な治療法を選ぶオーダーメード医療の実現を促す。
分子構造を操作して新たな機能を発揮する素材、複雑な物理現象が絡む航空機やエンジン、電子部品の開発にも役立てる。

今後、理研を中心に次世代スパコンの具体的な性能を詰める。開発主体は京で実績がある富士通などが有力とみられる。

エクサ級スパコンは既存技術では数十万キロワット以上と発電所1つ分の電力が必要になるといわれ、消費電力を大幅に減らす半導体の開発が主要テーマになる。

半導体から出る熱を冷やす技術、大量の情報や計算結果を効率よく保存するメモリーなどの開発も進める。さらに、応用に必要なソフト技術も整備する。』


本日の記事は、政府が次世代スパコンの開発について本格検討を開始し、2014年春から実行に移す計画をもっていることについて書いています。

現在のスパコンである京は、2012年に世界一の計算能力をもっていましたが、現時点では、第3位になっています。

本日の記事によると、次世代スパコンの目標計算速度を、京の100倍ほど上回るものとし、開発終了年度を2020年かもしくは前倒しするとのこと。

スパコンは、日本の科学開発能力を示す指標の一つになります。前政権のある閣僚が、世界一ではなく、世界第2位の地位ではいけないのかと、発言していました。

私は、日本は工業立国であり、輸出で外貨を稼いで必要な資材やものなどを輸入して日本を運営する貿易立国であるのが最善と考えています。

したがって、国内メーカーの技術・開発力は、ナンバーワンを維持強化することが必要です。私の中小企業支援も製造業者とITベンダーが中心となっているのは、その考え方によります。

スパコンの開発や実用化は、理化学研究所や富士通などが中心となって行ないますので、その開発行為自体に、中小企業が入り込む余地は少ないとみます。

しかし、スパコンを使って各種の開発行為を効率化・高速化できれば、ベンチャー・中小企業などの開発・商品化力が向上する可能性があります。

下記理化学研究所のWebサイトをみますと、京の産業利用状況が掲載されています。
URL; http://www.aics.riken.jp/jp/use/sangyouriyou.html 

現時点では、大企業中心に創薬関連のシミュレーション、津波の発生シミュレーション、素材・部品の材料や形状開発、高層ビルの耐震設計、航空機の空力設計などの大型開発用途に京は使われています。

ベンチャー・中小企業が京を使うには、関連ソフトなどに習熟したりする必要がありますので、現時点では、負担コストを含めて簡単に使用できる状況になっていません。

スパコンを使う視点でみますと、新しい動きが出ています。京を開発した富士通は、本日付の日経記事によると、今月からビッグデータの処理にスパコンを使う一般企業向けサービスを始めるとのこと。従来の汎用サーバーを使う場合と比べ小売店の需要予測や株取引の利益予測などの計算が10倍以上速くなるとされます。

この動きは、廉価版のスパコンを中小企業が日常業務に使える道を開くことになります。多数商品の販売予測を高速で行なえるとのこと。

今回のサービスでは顧客企業は1台約60万円の廉価版スパコンを必要な台数買い取るほか、内容に応じたサービス費用を加算して支払うとのこと。

富士通の現在のターゲット顧客層は、中堅企業になると考えます。しかし、ベンチャー・中小企業にとっても、各種素材・部品の開発などに廉価版スパコンを使用できますと、開発範囲が広がり、開発期間短縮化ができるメリットがあります。

富士通には、中堅企業だけでなく、各種のベンチャー・中小企業が廉価版スパコンの使用・応用が可能になるメニューや支援サービスの拡充を期待します。

富士通などの動きが、ベンチャー・中小企業に新しい開発ツールの提供を行なうことになり、国内メーカーの技術開発高度化・高効率化につながれば、国内企業の競争力強化に貢献します。

ベンチャー・中小企業も、より積極的にITツールを使いこなす積極さが求められます。ITツールを使いこなさないと、海外企業との競争に勝てないリスクがあります。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁


 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営コンサルタントの活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;"研究開発、車・機械が積極投資 新エネ重点"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/08/12 10:45)

日経記事;"深海レアメタル探査重力探知 駿河湾で実験東大等"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/05/07 10:04)

日経記事;"東レ、世界で炭素繊維5割増産 車・航空機軽量化"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/03/09 10:32)

日経記事;日本電産,レアアース不要なモーター量産 に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/01/11 07:56)

日経記事;住友化学,有機EL新材料大画面テレビ向量産に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/11/20 10:54)