起業家はビジネス社会の反逆者? - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業家はビジネス社会の反逆者?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 日本社会はバブル経済の崩壊以降、この20年余の間に硬直化が進んでいます。ヨーロッパ社会と同じで、金持ちの家庭の子どもは教育資金があるので、容易にエリートコースに乗れます。貧しい家庭の子は、高額の学習塾などに行けないため、頭の良い子でもそこそこの大学に行くのが精一杯で、その先の就職先で差を付けられるといいます。

 学習塾を経営している起業家の話を聞きますと、子ども達の貧富の差は一般的な想像よりはるかに広がっているようです。しかも日本社会では、高校や大学を卒業する、20歳前後には将来のぼんやりとした輪郭が見える社会です。大半の大手企業は、新卒者だけの囲い込みをして、将来の幹部社員に育てる仕組みが定着しています。

 以前は第1種といわれた官僚になるための総合職公務員試験も、建前は21歳以上、33歳未満とされていますが、実際に採用される人はほとんどが新卒者です。早い話、若くしてこの国の指導層とも言えるエリートは決まってしまう仕組みです。人によっては、10代、20代は運動や音楽、趣味や異性に夢中な人も少なくありません。

 そのため大学は卒業しても、人材派遣で働いていたり、契約社員で年齢だけを重ねている人が大勢います。もし、本気で日本社会や企業を活性化しようとするなら、中途採用の大手企業社員が多数いたり、総合職公務員がいることが健全なビジネス社会です。今も昔も、閉鎖的な組織が衰退することは明らかです。ただ、一向にオープンな組織になる気配はありません。

 それならいっその事、自力でビジネス社会をこじ開ける起業を考えるのも一つの方法です。今起業を思いついて、直ぐ起業しようとしても実現はムリです。起業とは、一時だけビジネスを起こすのではなく、起こしたビジネスを継続することが目的。そのため、2年とか、3年の時間をかけて起業とビジネスのための能力を高めましょう。人生の寄り道をした強みを起業で生かすことです。

【一言】
 ビジネスや芸事は、人生の寄り道をした人に有利です。反対に、日本で最も優秀とされる官僚の人たちが、これまで国費を使って立ち上げたビジネスは、そのほとんどが失敗に終わっています。日本の財政赤字の何割かは、失敗に終わった国営ビジネスで使ったお金です。人生長く生きると生きるほど、この寄り道は貴重な体験になります。生かさない手はありません。起業相談はこちらです

このコラムに類似したコラム

起業で最初に売れ筋商品を扱う落とし穴 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/28 20:06)

この世とあの世を行き交うかぐや姫の話 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/14 20:18)

自分が思う自分と他人が思う自分との隙間 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/21 20:28)

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

他人と自分との違いをよく知った上での起業 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/02 20:21)