脳の活性化にチョコレートは厳禁! - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脳の活性化にチョコレートは厳禁!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

「火の呼吸」で一生負けない脳をつくる無敗脳ヨガ道場の辻です。

 

あまり、一般的に知られていないかもしれませんが、血糖値を上げる目的でチョコレートを食べるのは良くない傾向といえます。

 

 

チョコレートには血糖値を上げる効果がもちろんありますが、急激に上がってしまうというデメリットがあります。

 

この部分だけに着目をして、チョコレートを売る会社は、「脳に良い!」というキャッチコピーでチョコレートの摂取を勧めたりしています。

 

しかし、お医者さんや生理学に詳しい専門家の方々で血糖値を上げる目的でチョコレートを摂取する方はまずいないと思います。

 

なぜなら、急激に血糖値が高まるとその後に膵臓からインスリンが分泌され、

 

結局は、元の血糖値の値よりもさらに低くなってしまうという現象が起きてしまうからです。

 

ですので、テスト前や何かしらの本番前にチョコレートを食べる行為はお勧めできないというわけです。

 

さらに、低血糖の状態でストレスが加わると通常の状態の時よりもストレスによる精神的ダメージを受けやすいことも分かってきました。

 

ウルトラマンのように3分間だけの戦いならチョコレートは良いかもしれません。

 

しかし、日常生活では、チョコレートよりもタンパクの摂取をお勧めします

 

タンパクなら血糖値がマイルドに上昇していき、長く安定した値を保ってくれるからです。

 

コンビニなら、「ソ○ジョイ」なんかがオススメですよ!

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場】辻でした。

 

サイバー・ヨガ」ブログ

このコラムに類似したコラム

『月刊 秘伝8月号』~精神力の磨き方~「無敗脳ヨガ」特集! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/17 22:47)

脳より肚(ハラ)が大切 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/05/05 12:23)

「体」と「心」のストレス ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/12 19:43)

「火の呼吸」指導風景(動画) ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/09 21:30)

「火の呼吸」の効果 ◎無敗脳ヨガ道場 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/08 17:39)