家計簿もデュエット。 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

上津原マネークリニック お客様相談室長
山口県
ファイナンシャルプランナー
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家計簿もデュエット。

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
ライフプランの心 現状分析
こんばんは。
ファイナンシャルプランナーの上津原です。
今日は、我が家の家計簿についてお話します。

家計簿は、現状分析の基本です。
弊社でも、お客様の家計の現状が良く分からないときは、
とりあえず1か月分の家計簿をつけてもらってから具体的な提案をします。

では、我が家ではどうなっているかというと、
私の家計簿と妻の家計簿とをデュエットさせています。

まず、妻が、大学ノートで家計簿をつけます。
妻は、こまめにつけているため、使途不明金がほとんどありません。

私は、パソコンでつけた家計簿をプリントアウトして、
3月分であれば4月の中ごろまでに妻に渡しています。
私は、何日分かためてつけることが多いので、
時々数百円単位で使途不明金が出ます。(たいていは食費です)

右のページに私がつけた家計簿を貼り付けたものが、
左のページに妻がつけた家計簿が並びます。
ドッキングさせて我が家の家計となります。

以前は、右に私のページ、左に妻のページとしていたのですが、
私が書いているときは妻が書けない状態になっていたので、
およそ3年前から今日の形態になりました。

10年間デュエット家計簿は続いていますが、
続いている一番の理由は、分類する項目が非常にシンプルなこと。
収入の部も含めて9分類です。

私も、昔は妻から「使途不明金が多い」とクレームがついていました。
家計管理も、時間をかければどんどん良くなります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランの心」のコラム

弱点も人を磨く道具(2008/08/25 22:08)