浴槽の据付 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

浴槽の据付

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ホワイトベース
浴室の浴槽の据付が終了致しました。

洗い場の床と、浴槽の高さまでを、400ミリ以内に設置したく、他のコンクリートの床より、浴室の床を200ミリ下げての計画、実施としました。

洗い場の床と浴槽までの高さは、低すぎると、浴槽に入りづらいし、高すぎると、またいで入るのが、つらい。

高さは350ミリ〜400ミリが理想。
その為には、床のコンクリートの高さを、下げなくてはならない。
床を下げるという事は、浴室の下の部屋の天井高さが低くなるということです。

浴室下の部屋の天井を低くするか?浴槽の設置を高くするか?は悩みどこなのですが、バスタイムを大事にしている私どもは、浴室を最大限、優先する造りにしています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ホワイトベース」のコラム

階段脇にガラスブロック(2009/02/20 19:02)