「2012年 貿易赤字過去最大8.1兆円」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「2012年 貿易赤字過去最大8.1兆円」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
海外ファンドで資産を作ろう!

こんにちは!

早くも4月も最終週となりました。

ゴールデンウィークも始まり、レジャーに行かれる方も多いのではないかと思います。

行楽地は、どこも混雑しそうですが、せっかくの休み、ゆったりと過ごしたいですね。

 

さて、今週の注目すべき数字は、“8.1兆円”です。

 

財務省が2012年の貿易統計速報を発表しました。

輸出額から輸入額を引いた貿易収支は、“8兆1698億円”の赤字と、2年連続の過去最大赤字額を更新しました。

 

内訳をみると、輸出額は63兆9409億円と前年より2.1%の減少となりました。特に、中国、欧州向けが大きく減少しています。

 

一方、輸入額は、72兆1107億円で、こちらは前年より3.4%上昇しています。

最大の要因は、突出して大きい液化天然ガスの輸入が、年末からの「円安」を受けて、6兆円を超えて14.9%増となったことが挙げられます。

 

今のところ、「円安」による輸出増の“恩恵”は、数字となって表れていないのが現状です。

半年から1年後には、形となって表れるといわれていますが、エネルギー問題の“根本的”な解決策がない中、「貿易赤字」は、経常化するという見方が大半です。

 

日本の経常収支の“赤字”は、今の財政状況を考えると何としても避けたいため、やはり当分の間は、国外からの配当や利子収入である「所得収支」に頼るしかない状況です。

 

ここにきて、日本の“セイホ”も、日本国債での運用利回りが見込めない中、外国債券投資へ大きく舵をきり始めました。

 

また、“アベクロ”政策が続く限り、基本は「円安基調」が続くとみられています。

 

個人投資家も、そろそろ真剣に「外貨保有」に取り組まなければならない時期となってきました。

方法論は様々ですが、まずは、しっかりと「計画」を立てて取り組んで頂きたいと思います。

 

先般もご紹介しました「海外分散投資エキスパート養成塾」ですが、当プログラムも、今後も随時募集を行ってまいりますので、是非、“いま”このタイミングで、ご活用いただきたいと思います。

http://bit.ly/X8O2WB

 

 

では、穏やかな連休となりますように!

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「海外ファンドで資産を作ろう!」のコラム

このコラムに類似したコラム

「日本の人口、28万人減少!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/04/19 18:26)

「政府系ファンド花盛り!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/12/14 12:14)

インフレ・円安対策のための外貨建て金融資産 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/18 15:58)

「公的年金、運用振るわず!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/09/07 15:52)

資産クラスの購入タイミングと効果 あなたの選択は 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/08 16:00)