ESCO事業会社が大分県で遊休地活用のメガソーラー事業に着手 - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

和上住電株式会社 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター
06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ESCO事業会社が大分県で遊休地活用のメガソーラー事業に着手

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器
株式会社ファーストエスコは100%子会社のソレイユ日田を設立して、大分県日田市小ヶ瀬にある林業遊休地でメガソーラー事業を開始するとのことです。
ファーストエスコという会社名をご存知ないかたもいらっしゃると思いますので、簡単にご紹介させていただきます。
同社は日本初のESCO事業専業の会社で、ESCO事業とは顧客の水道光熱費使用状況を分析、改善したり、設備導入の初期投資や設備運用管理の指導および保守管理などを行い経費削減を実施することです。
このメガソーラー事業は2月20日に竣工式が開催されましたが、メガソーラーの名称は「ソーラーフィールド日田太陽光発電所」とのことです。
この太陽光発電所の規模はと見ますと、敷地面積は約4.9haで、太陽光発電の低格出力は1,800kW、予想年間発電量は約200万kW/時で、設置されるモジュールは12,380枚ですが、パネル1枚当たりの発電量は160Wです。
このメガソーラー実現の背景には日本有数の林業のまちである日田市が昭和53年に開拓した小ヶ瀬は木材の一大集積地として活気がありましたが、貿易の自由化で国内木材が輸入材にとって代わられたので平成10年、止むを得ず閉鎖に追い込まれたそうです。
その後は木質バイオマス発電で使用する木質チップの保管所として活用され、平成18年にはバイオマス発電所、日田ウッドパワーができています。
しかし、平成23年7月に施行された再生可能エネルギー発電の全量固定価格買取制度が今回のメガソーラー事業の引き金になったそうです。
年間発電量が約200万kW/時であれば十分に採算はとれるでしょう。
また、この場所は丘の上にありアクセス条件が良くないのですが、これは逆に見れば日照条件が有利なことですから、太陽光発電には向いていると言えます。
また、この土地がほかの利用用途には不向きであることも手伝ってこのメガソーラー建設はスムーズに進んだようですが、全国を探せば同一条件の場所はいくらでもあるでしょうから、これがさらなる太陽光発電の拡大につながるのではないかと思います。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
和上住電株式会社 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

日本の気象状況の変化と、太陽光発電への影響 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2014/10/14 11:01)

災害に強い携帯電話が、もっと災害に強くなる 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/05/24 10:20)

良いことばかりじゃない?太陽光発電の真実 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/03/21 13:16)

太陽光発電の未来をプチ展望 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/02/21 10:22)

太陽光発電がある家庭の光景 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/02/01 10:28)