薬事法 乾燥による小じわを目立たなくさせる=最新事例で検証する= - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

島田 千草
島田 千草
(ブランドコンサルタント)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薬事法 乾燥による小じわを目立たなくさせる=最新事例で検証する=

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現

薬事法 56項目番
   乾燥による小じわを目立たなくさせる
    =最新事例で検証する=

我々事業者にとって、法律の条文理解を深めることも
重要ですが、より必要なのは、最新事例をもって、
今後の法規制対策をすることが重要です。

そこで、
新たに加わった、薬事法 化粧品の効能効果56項目番
『乾燥による小じわを目立たなくさせる』を最新事例で検証します


56項目番の効能のおさらい
『乾燥による小じわを目立たなくさせる
=====
●肌理論から確認
⇒加齢による「しわ」への効果訴求はNG
⇒あくまでも、可逆性なもの
水分を与えることにより、「乾燥による小じわ」が元に戻る程度
*角質層までの表現

●医薬部外品「美白」的な注釈表現はよいのか?
⇒「小じわ」*注釈による補足表示をして展開をする
行政担当曰く、使用可能表現の内、一部表現を抜粋して、
注釈表示をすることは違反と判断するとのコメント


少し話しが逸れますが。
現状は黙認されている、
医薬部外品の「美白」訴求に対しての注釈表示
~~~
「美白」
*注釈:メラニン色素の生成を抑えることにより、
シミ・そばかすを防ぐ。

上記のような表現は、
薬事法の原則論からすると薬事法違反。
(日本化粧品工業連合会では、表記可能とあるが)
~~~

●試験 被験者数
⇒明確な規定はない
=====


では、

「乾燥による小じわを目立たなくさせる」
適切な試験結果を根拠として取得していたとしても
~~~~~
「小じわ」*注釈:乾燥による小じわを目立たなくさせる(試験結果取得済み)
~~~~~
と表記は、薬事法上、違反表現です。

【最新事例から検証】
最近になり、通販・アウトバウンド最大手の企業が・・
~~~
「小じわ」*乾燥による小じわ
~~~
と広告展開を開始しています。

本来は、薬事法違反表現。いつ、指導が入ってもおかしくない表現です。


ただし、「美白」の表記に関しても現状は、注釈表示を黙認されている以上、
「小じわ」+注釈表示は、
行政側より指摘を受けないグレー表現として黙認される可能性が充分考えられます。


【グレーとは?】
薬事法上、違反表現であるが、
行政指導を受けない範囲のこと
(行政担当者曰く、グレーはない、白か黒のみ と言われますが・・)


以上、今後も最新事例を通して、
薬事法・景品表示法・健康増進法の事例を解説致します。

 

広告の作り方メールマガジン メールマガジン登録

http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社

http://aksk-marketing.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

このコラムに類似したコラム

薬事法 「●●」処方という広告表現を検証 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/05/31 15:17)

薬事法 加齢臭に関する広告表現 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2012/07/25 11:05)

法規制を複眼的に捉える大切さ 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2012/02/03 12:59)

2012年度版 薬事法・景品表示法・健康増進法セミナー 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2011/12/14 11:50)

薬事法 健康食品 花粉症予防に関する注意点 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2011/12/15 11:00)