Qフレックスタイム制について教えてください。 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年03月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Qフレックスタイム制について教えてください。

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

フレックスタイム制とは、労働者の始業及び終業の時刻をその労働者の決定に委ねる制度です。この制度を導入するには、就業規則その他これに準ずるものに規定し、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定(労使協定)を結ぶことが必要です。

労使協定を結ぶ必要がある事項は、以下の通りです。ただし、5と6に関してはそれらを設定する場合に限ります。

1  フレックスタイム制を適用する労働者の範囲

2  清算期間(その期間を平均し1週間当たりの労働時間が40時間を超えない範囲内において労働させる期間をいい、1か月以内の期間に限るものとします。)

3  清算期間における総労働時間

4  標準となる1日の労働時間

5  労働者が労働しなければならない時間帯(コアタイム)を定める場合には、その時間帯の開始及び終了の時刻

6  労働者がその選択により労働することができる時間帯に制限を設ける場合には、その時間帯(フレキシブルタイム)の開始及び終了の時刻

このコラムに類似したコラム

時間外・割増賃金・残業代の基礎、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:19)

労働時間該当性 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/28 08:17)

埼玉弁護士会死刑制度廃止検討プロジェクト・チーム 大塚 嘉一 - 弁護士(2013/07/30 17:25)

残業代(研修)を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:49)