一度作成した遺言を撤回することはできますか? - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一度作成した遺言を撤回することはできますか?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、前に作成した遺言の全部又は一部を撤回することができます。遺言の方式が異なっても構いません。

前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなされます。遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合、その抵触する部分については、前の遺言を撤回したものとみなされます。

遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなされます。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様です。

遺言がいったん撤回されると、原則としてその効力は回復しません。ただし、遺言の撤回の行為が、詐欺又は強迫による場合は効力が回復します。

遺言者は、その遺言を撤回する権利を放棄することはできません。

このコラムに類似したコラム

成年後見人は遺言できますか? 東郷 弘純 - 弁護士(2013/05/20 10:00)

在船者の遺言とは何ですか? 東郷 弘純 - 弁護士(2013/05/18 10:00)

秘密証書遺言とは何ですか? 東郷 弘純 - 弁護士(2013/05/14 10:00)