ゴルフピラティスワークショップ-「テークバック~トップ」その1 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフピラティスワークショップ-「テークバック~トップ」その1

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフ体幹レッスン

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

今日は、LPGA A級ティーチングプロの竹内プロ主催のゴルフピラティスワークショップが京都のCPスタジオにて開催されました。

 

今日のテーマは「テークバックからトップ」

 

ゴルフが難しいのは、止まっている状態から動き始めること。

 

アマになればなるほど、アドレスで固まってしまい、どんどん力が入ってしまう・・・

 

わかってはいるのですが、いざボールの前に立つと、色々考えてしまい、手に力が入って手から動いてしまう・・・

 

遠くに飛ばすには、身体の真中から動き始めることがポイントとなるのですが、クラブを持っていざボールを目の前にしてしまうと

 

「よーし!飛ばすぞ!」という力みが固まったところにさらに身体を動きづらくしてしまっているのです。

 

アドレスで準備をして動き始め(テークバック)、バックスイングからトップオブポジションまではほんの1秒もありません。

 

その中に、沢山の身体の動きが詰まっています。

(テークバック~トップまでの身体の動きの詳細はこちらをご参照ください)

 

それを、ボールの前に立って考えてしまうと、動かなくなってしまったり、力が入ってしまうので、手脚が固まず、無意識に動けるようにするのが、ゴルフピラティスです。

 

 

写真はワークショップで行った「バタフライ」というゴルフピラティスエクササイズ

テークバックからトップまでは胸と肩甲骨周りの両方の柔軟性がポイントとなります。

柔軟性がないと、腕でクラブをあげてしまいがち・・・

 

ストレッチポールの上で、胸を広げて大胸筋のストレッチ、肩甲骨を動かして肩甲骨周りのストレッチ。

 

これで腕とクラブの一体感が生まれてきます!

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ゴルフピラティスワークショップ-「テークバック~トップ」その2(背中のストレッチ) 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/04/23 22:56)

バックスイング時のカラダの動く順番を覚える【実践編】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/28 22:53)

バックスイング時のカラダの動く順番を覚えましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/27 21:07)

ゴルフでお腹を使うってどういう意味でしょう!? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/08/07 23:00)

GWラウンドの皆さま向けゴルフピラティスストレッチ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/05/03 20:24)