仲介手数料・・・必要?不必要? - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

森田 芳則
(不動産コンサルタント)
永田 博宣
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年05月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仲介手数料・・・必要?不必要?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 仲介の仕組み
よく、物件の広告を持っていらっしゃる方の中に
2つのかん違いがあります。

● 広告物件を購入する時にはすべて仲介手数料が必要だと思っている。

● 物件は広告を配布している会社の物だと思っている。


広告をよく見てみると、取引態様に・・・

           <媒介>  ''<売主>''  ''<代理>''



と書いてあるはずです。
これは必ず明記しなくてはならないことで、

          <媒介>がいわゆる''<仲介>''のことです。




この媒介物件を購入する場合は仲介手数料が発生します。
チラシや情報誌などで物件を掲載している会社の多くは
売主から<媒介>の依頼を受けた仲介業者になります。


ここで気になるのが・・・

        取引態様に<売主><代理>となっている場合



建売業者(=売主)自ら広告を出す場合や新築マンションに見られますが
この場合は、購入時に仲介手数料は発生しません。


ただし!!
中古物件については、戸建てもマンションもほとんどが媒介になるので
仲介手数料がかかります。

これからは広告を見るときに
取引態様もよく見てみてくださいね。