「金融資産1547兆円 & 祝!アマゾン第1位」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「金融資産1547兆円 & 祝!アマゾン第1位」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、新年度に入り、黒田日銀総裁の「異次元の政策」によって、株高、円安が加速しています。

そんな中、日銀は2012年の10-12月の資金循環統計(速報)を発表しました。

それによれば、日本の家計が保有する金融資産の残高は、昨年12月末時点で、“1547兆円”となっています。

前年同月比3.1%の増加です。年末からの株高などを受けて、家計で保有している株式や投資信託が上昇したのが要因とみられます。

内訳をみると、株・出資金の残高は、106兆円と前年同月比12.3%増加、また投資信託も61兆円と同13.3%の増加となっています。

一方、いまだ家計の金融資産の50%以上を占める預金残高は、854兆円とこちらも2.0%増となりました。

 

さて、一見すると、すべて順調のようではありますが、いまの“アベクロ”政策が続いた場合、“備えて”おかなければならないことがあります。

それは、まず、政策が順調に推移した場合、物価が上昇し、日本はインフレ傾向となります。

それに対して、預金金利はすぐに上昇はしませんので、854兆円の預金残高は、価値としては“実質目減り”していく可能性が高いということです。

したがって、いきなり「株式をどうぞ」とは言いませんが、まずは投資信託など、景気上昇局面で価値が上昇する資産の比率を少し上げておく必要があるということです。

次に、より深刻なのは、経済成長が思うように伸びなかった場合です。

物価上昇だけ先行し、財政懸念、国債の金利上昇となると、一気に「円安」が加速していきます。

その場合は、エネルギー価格はもちろんのこと、原材料価格の高騰により、食料品なども値上がりし、上記の1547兆円の資産価値自体が、実質目減りしていく可能性があるということです。

したがって、目減りを防ぐには、ある程度の「外貨保有」は是非しておいて頂きたいと思います。

経済の将来予測は難しいですが、“想定”はできるので、どちらの動きになったとしても、変化に対応できる準備だけは、しっかりしておくことが重要です。

 

さて、先週お知らせした電子書籍の新刊

「投資のプロが教える初心者でも失敗しないお金のふやし方~これから1000万円貯める8つのステップ~」

ですが、お陰さまで、4月5日から9日までの無料DLキャンペーン期間中、

Kindleストア ベストセラー総合第1位を獲得できました!

 

また、今日現在、勝間和代さんやロバートキヨサキさんを抜いて、

アマゾン本  (投資・金融・会社経営分野)第1位

Kindleストア(投資・金融・会社経営分野)第1位

を獲得することができました!

 

是非、「資産運用」に取り組む前に読んで頂きたい書籍ですので、まだお読みで無い方は、ダウンロード頂ければ幸いです。

“ワンコイン100円”は、リーズナブルだと思いますので(笑)

http://amzn.to/12ee0db

 

では、今週も、穏やかな週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「マネタリーベース 過去最高155兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/05/10 11:19)

個人投資家 資産運用に役立つ本 資産運用実践講座Ⅰ 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/29 16:00)

資産運用講座 ~投資家が忘れてはいけないインフレリスク 松永 文夫 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/25 00:32)

資産運用講座 ~まずはイロハのイ 松永 文夫 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/03 02:41)