「表情」は脳のバロメーター - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「表情」は脳のバロメーター

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

株式会社サイバー・ヨガ研究所の辻です。


自律神経は、安静状態でのバランスと、交感神経と副交感神経がそれぞれアクセルとブレーキの機能をきちんと果たしているかどうかが重要です。


そして、交感神経は緊張の神経というイメージが強いですが、正確にはエネルギーを放出するための神経なのですね。


つまり、何か積極的に体や脳を働かせるときに高まります。


イキイキしているときやワクワクしている状態でも高まっていますし、ピリピリ、イライラしている状態でも活動的に働いています。


ですので、交感神経の活動状態だけでメンタルについて語ることはできません


正確に、ピリピリしているかイキイキしている状態なのかを判別するには、ストレスホルモンの計測や心理テストが必要になります。


しかし、もっと簡単に判別する方法があります。


それは、表情」の観察です。


表情筋と関わっている脳の領域はとても広いです。


脳の状態が表情に顕著に表れるといっても過言ではありません。

 

ですので、交感神経が活発的に働いていても、表情がイキイキしていれば問題なく、逆に眉間に力が入っているときは緊張状態といえます。

 

セラピストの方も、お客様の表情の変化に注意を向けることで、今のメンタルの状態がある程度測れる指標となります。

 

筑波大学発ベンチャー株式会社サイバー・ヨガ研究所代表取締役 辻 良史

このコラムに類似したコラム

科学的にリラックスする「呼吸法」 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/25 08:00)

8種類のストレスを「見える化」する最新メンタルトレーニング! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/05/23 09:00)

「Men’s HOLOS」に「脳」を鍛えて脱・ストレス!の取材記事が掲載 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/01/23 17:53)

「勝負脳」と「無敗脳」 ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/11/26 21:37)

脳のトレーニングは「準備」が大切!◎“無敗脳”ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/10/13 19:59)