ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その4 ゴルファーにもオススメ!! - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その4 ゴルファーにもオススメ!!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先日からダイエット中のお客様に行ったお腹と内転筋のトレーニングをご紹介させていただだいておりますが、ゴルフピラティスのエクササイズも多く含まれております。

ゴルファーにとってもお腹(腹横筋)と内転筋は必須!!

 

エクササイズをやらない手はないですよね。

お腹も内転筋もトレーニングすることによって、下半身の安定と体幹部の安定も一緒にゲットしちゃいましょう!

 

御参考:

トス&キャッチ

クランチ with 内転筋

レッグロッキング with ビックボール

 

 

フロッグアブ

1.体育座りから上半身を後ろに倒し、両肘を背中の後ろに付きます。お腹を落とさないようにしっかりお腹をへこませ、腹圧を高めておきます。肩甲骨もしっかり寄せておきましょう。

2.両太ももの間にビックボールを挟みます。内転筋でしっかりボールをキープ。

3.息を吸って吐きながら両膝を胸に近づけます。その際に脚ではなく、お腹をへこませ縮めて、お腹で両膝を胸に近づけましょう。吸って元の位置に戻します。

4.5回~10回行います。

脚の反動で行うとほとんどお腹に効果がないので、動きは小さくて良いので、しっかりお腹を使って、お腹で下半身をコントロールしましょう。

内腿(内転筋)でビックボールをしっかり挟んでおきましょう。

 

やっている途中で背中が緩んで上半身が後ろに倒れてきてしまいがちですので、肩甲骨周りの筋肉で身体を支えてあげましょう。

 

お腹をしっかり縮めることによってお腹に効いてきます。

ビックボールを挟むのがつらい場合は、スモールボールでもOKです。

お腹をえぐるイメージでしっかり丁寧に行ってみましょう。

 

 

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

アプローチやパッティングの正確性を高めるトレーニングとは? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/11/19 22:49)

ゴルフピラティスワークショップ-「ミート率アップ」-コア(お腹)その2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/27 14:27)

ゴルフピラティスワークショップ-「ミート率アップ」-コア(お腹) 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/26 20:18)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス編-肩&肩甲骨 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/15 11:00)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス肩甲骨編その2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/12 23:00)