急増するFP相談は? - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

急増するFP相談は?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

今日から始業式です。
小学生の集団登校の中には、ピカピカのランドセルを背負う新一年生の姿とても初々しいですね。

 今回は「急増している相談は?」をお届けします。
弊社には、毎日のようにFP相談が寄せられるのですが、
ここ最近急増しているのが「住宅」に関するものです。
(なお、これまで一番多く寄せられた相談は「保険」です)
これは来年4月の消費税アップと、
過去最低水準にある住宅ローン金利が要因でしょう。
実際、「消費税が上がるので住宅を買っておいた方がよいのでしょうか? 」
との質問が多いです。


さて、その回答ですが、
「買えるのであれば買っても良い」ですが、

頭金なし等「無茶を行ってまで購入してはいけません」と返答致します。
後になって、ローン支払いがしんどくなり、
住宅を手放してしまっては本末転倒だからです。
また、変動金利で組むのも注意が必要です。
確かに今は非常に低いのですが、
将来上昇する可能性は高く、支払いが増大するかもしれません!?
やはり住宅を購入する際は

「ライフプランを作成」し、
慎重にキャッシュフローを確認することが重要です。

「住宅」には「ライフプラン」必須です。 

ライフプランの相談はhttp://www.fp-con.co.jp

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

(駒沢公園)二世帯住宅ライフプラン 【無料セミナー&相談会】 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/11 20:17)

住まいづくりとお金に関するコラム、連載開始♪ 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/22 12:00)

変動金利の甘い罠 田端 政弘 - ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー(2013/07/08 16:21)

NHKで弊社FP相談の様子が放送されます 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/07 09:36)

NHKで弊社FP相談の様子が放送されます 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/07 09:36)