人に決断を迫る方法 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人に決断を迫る方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

先日、メールで間取り相談を受けました。
間取りが気に入らないとの事です。間取り図面が添付されているので、拝見すると敷地や家族構成を考えると、悩むほど悪い間取りとは思えません。恐らくこの間取りに行き着くまで相当、業者とのやり取りがあっただろうと伺える間取りです。それでも幾つかの欠点を上げて解消する方法が見つからないと悩んでおられる様です。条件整理してみると発想を変える事により全く新しい展開も見えなくは無いのですが、自らでその条件を否定されます。
この相談者は、現行の間取りに気持ちが決まっていてそれでも尚、決断がつかず悩んでおられるのです。

この相談者さんは、頭の良い方だと思います。文系的な思考がすごく発達されている様にお見受けしました。文系的思考の中には、口にした決断は撤回すると自己否定につながると云う論理回路が組み込まれています。典型が政治家の発言です。前言を撤回することは汚点であり、ともすれば政治生命を絶たれるほど重大な出来事です。
理系の人間は前言を翻すのを全く苦にしません。数字を頼りに判断しますので余条件が変化すると数字は180度異なる結果を得ることに、日常的に接している為です。

そこで、相談者さんの決意を促す為にあえて、否定されている条件の良さを強調した内要を返信しました。文系回路の発達した方には耐えられない事です。ご自分の意思を強調されて現行の間取りがやはり良いと返事が帰ってきました。

一つの決断を下すのに時間のかかる人がいます。悩んでいる内要を肯定しても悩みは尽きません。否定して初めて、悩んでいる事の些細さに気づく事もあるのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

似合わない間取り 福味 健治 - 建築家(2013/02/26 08:55)

HPをリニューアルしました。 一條 美賀 - 建築家(2012/09/21 14:13)

3月の建築無料相談のご案内 富樫 孝幸 - 建築家(2014/02/24 10:43)

朝日住まいづくりフェア2013へ出展 竹内 隼人 - 建築プロデューサー(2013/06/29 22:48)

【登り梁の家】HPリニューアルしました 西島 正樹 - 建築家(2013/06/22 19:25)