瑕疵担保責任④~土地の場合 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

森田 芳則
特建開発部 部長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 智夫
森田 智夫
(司法書士)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

瑕疵担保責任④~土地の場合

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
不動産に関する調査(土地)

瑕疵担保責任④~土地の場合

土地の売買についても、売主が不動産業者か不動産業者以外かによって、取扱いは大きく異なってきます。但し、土地の取引については、建物は対象になりませんのでその取り扱う範囲も狭まってきます。
土地が更地になっていれば、実際に目で見た状態で引渡しが行われるため瑕疵担保責任の問題は発生しにくいものですが、その地中に埋設されているものも含まれると解釈できますのでキチンとした対応が必要となります。

①売主が不動産業者以外の場合
売主が不動産業者以外の場合には、中古住宅と同様にその瑕疵担保責任については任意の規定とすることができます。
 
②売主が不動産業者の場合
売主が不動産業者の場合は、土地のみの取引でも中古建物が建築されていても基本的には同じ取扱いになります。物件の引渡し後二年以上の瑕疵担保責任期間を明記していなければ、その契約内容は無効となり、買主は、民法の原則である瑕疵が発見されてから一年以内に請求をすればいつまでも瑕疵担保責任を追及できるということになります。

しかし、農地(田や畑)を埋め立てた土地で、更地状態が長く続いていたような土地については、地中にコンクリートのガラや礫等が埋まっているケースも考えられます。このような場合は、通常の瑕疵担保責任に加えて、特約条項により保全を図ることも取引の安全を確保するためには必要な措置と考えられます。

このコラムに類似したコラム

澤田和也「住宅品質確保法の解説」(民事法研究会) 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/02 18:00)

任意売却は、瑕疵担保責任(売主責任)免責で売却する? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/01/10 08:15)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【17:登記簿面積と実測面積】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/11/17 18:17)

住宅の売買、請負についての参考法律 村田 英幸 - 弁護士(2012/11/08 12:32)

平田厚「Q&A土壌汚染対策法解説」(三省堂)、完 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/28 16:45)