金融自由化?・・・不自由化 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

須藤 利究
有限会社RIKYU・コンサルティング 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金融自由化?・・・不自由化

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
金融時事話
今日、とある銀行にいったら、娘さんの口座を作りにきた女性が

親子間を証明する資料と本人確認資料を求められて、「どうして

親が子供の口座を作るのになんでそんな資料が必要なの」と怒って

おりました。本人確認法やマネーロンダーリングの関係とか

金融庁の指導も厳しいのです。

金融ビックバンと言われた金融自由化、でも一般の顧客にとっては

「不自由化」とも思えることも沢山ありますよね。

たとえば10万円以上の振込、ATMならいざしらず、窓口だと

本人確認資料が必要になります。ここまで金額を下げなくなくても?

また個人事業者が商号を入れて、口座を作ろうとすると、目の前に

「個人事業の開始届」を出され、これを提出してきてください。

税務署の手先かと思ってしまいます。そのくせペイオフのときは

個人事業の預金とその個人名義預金と合算するのですよ。

おかしいですよね。作るときは本人確認資料だけでは駄目なのですよ。