“桜”最高!だから、“サムライ債”も急増!?−1 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岩川 昌樹
岩川 昌樹
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年06月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“桜”最高!だから、“サムライ債”も急増!?−1

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

皆さんは、桜のお花見には行かれましたか?
私は、8分咲き、満開、散り際(桜吹雪)を堪能しました。

でも、花が散ったあとの“新芽”の緑も、とても鮮やかで美しいですね。

これからは、春を感じながら、青々とした新緑を楽しみたいところです。

さすが、日本の“国の花”だけのことはあって、様々な楽しみ方をさせてくれます。


で、日本といえば、最近“サムライ債”が急増しています。

“サムライ債”といっても聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、海外の企業や金融機関が円建てで発行する外国債券のことです。

“サブプライム問題”による「信用収縮」の影響があって、海外では資金調達が思うようにいかない中、このところヨーロッパにおいては、サムライ債の発行が増加しています。

そんな中、今回はオーストラリアの大手銀行であるコモンウエルスが、日本の個人投資家を対象に、サムライ債を発行すると発表がありました。

日本の長期金利が1.3%程度で低迷する中、円高(ドル安)傾向にあっても、あえて金利の低さに着目して資金調達を行うようです。
予定では、3年程度の期間で、1.6%くらいの金利がつくようですよ。


一方、貸し手である個人投資家も、「円建て商品」で少しでも利回りが高く、日本人の大好きな“元本保証商品”を探している人も多く、結構購入される人も多いのではないかと予測されます。

(続く)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム