ドキュメントの使われ方をイメージしていますか - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ドキュメントの使われ方をイメージしていますか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
プロジェクト管理
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はドキュメント作成時の注意点についてのお話です。

IT運用、業務運用など、プロジェクトを進めていく上で、運用に関するドキュメントを作成することは多いものです。

その際に大事なことは、ドキュメントの使われ方をイメージしていることです。

・ドキュメントはいつ使うのか
・ドキュメントは誰が使うのか
・ドキュメントはどのように使うのか(紙を配布するのか、パソコンの画面上で表示するのかなど)
・ドキュメントの使い方に関するサポート体制をどうするのか(説明会を実施するのか、電話での問い合わせ対応を実施するのかなど)
・ドキュメントのメンテナンスは誰が実施するのか

書き出すときりがないのですが、とにかくイメージしておくことはたくさんあるはずです。

せっかくドキュメントを作っても使われず、運用に大きな負荷がかかってしまうような事態は避けたいものです。

ドキュメントの使われ方をイメージすることで、ドキュメントに記述すべき内容もおのずと見えてくるはずです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「プロジェクト管理」のコラム

価値を生み出さない時間(2016/11/29 09:11)

成功は成功のもと(2015/02/16 10:02)

プロセス管理を守ること(2014/11/26 06:11)

時間感覚は重要(2014/10/29 11:10)