人材サービス業界2位が6位を買収できた要因、それは、 - M&A - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
濱田 浩三
(事業承継アドバイザー(BSA))
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人材サービス業界2位が6位を買収できた要因、それは、

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 事業再生と承継・M&A
  3. M&A

人材サービス業界2位のテンプHDが6位のインテリジェンスHDを

買収するという。

 

現在、インテリジェンスの株は、

アメリカの老舗ファンドKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)が持っており、

全株式を譲渡する。

 

買収総額は700億円。

 

ここで、M&Aの話。

 

買収金額の表しかたは、大きく2つあります。

 

1.企業価値=負債+株式時価

2.株式時価

 

今回は、1.が700億円

 

 

テンプHDの売上2331億円、営業利益81億円

インテリジェンスHD売上698億円、営業利益50億円

 

 

各社、業界1位のリクルートを追随するために

規模の拡大、経営効率化、アジア展開を考える中

従前からM&A戦略は考えられたと思うが、

 

今なぜ成立したのか?

双方の思惑がこのタイミングで一致したということ以外に

 

最大の要因は、

 

やはり

 

銀行の積極的融資姿勢にある。

 

 

M&Aは銀行のスタンスに左右される現実がある。

 

大型の場合、負債付き もしくは借入にて行われるために

銀行に左右されるのです。

 

 

昨今、銀行はこういったM&Aやプロジェクト、不動産に積極的に融資しています。

 

今後も大型M&Aは活況と考えます。

 

 

そうであるため

 

業界下位が上位を買収するといったことも

 

今後 増えてくると思われます。

 

 

本取引も営業利益でみると、そう変わらないのです。

 

6位が2位を買収するというのも

スキーム上は可能です。

 

どちらが、将来の展望に向け積極的にリーダーシップを

発揮するかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

【地銀も中国でビジネスマッチング】 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/10/01 23:57)

経営改革に成功する会社の必要条件(8) ドクトル・ホリコン 堀内智彦 - 経営コンサルタント(2011/09/24 09:00)

「儲かる会社になれる方法(5)」 ドクトル・ホリコン 堀内智彦 - 経営コンサルタント(2010/10/07 10:00)

6月26日(金)無料セミナー開催します 濱田 浩三 - 事業承継アドバイザー(BSA)(2015/06/16 11:00)

社長!このクイズの答えが1分以内に分かりますか?(A13) 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/02 00:00)