障害をお持ちの方とクルマの関係 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

障害をお持ちの方とクルマの関係

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
介護福祉情報
普段クルマに乗っていると、車いすマークをつけたクルマや、身体障害者の方がクローバーマークをつけているのを見かけます。

聴覚障害の方が免許取得できる基準として
「10メートルの距離で90デシベルの警音器の音がきこえない聴覚障害者は運転免許を受けることができない(第一種免許は補聴器使用可)」となっていましたが、今後はワイドミラーの使用を条件に普通免許を付与できるようになるそうです。

警察庁は、聴覚障害者マーク(案)を公表しました。(画像)
 聴覚障害者マークに関する改正は平成20年6月に施行する予定。

建築士として、様々な障害をお持ちのかたの住環境はもちろんのこと、クルマを使用する環境(敷地内駐車場やビルトインガレージなど)の提案も重要になりました。

住宅には防犯システムなど安全面の導入が一般的になりましたが、駐車場やクルマへの防犯も建築士が施主様と一緒に考え、建築段階での導入が大切と考えています。

次回は、クルマの防犯について触れたいと思います。(4/12アップします)


やすらぎ介護福祉設計  斎藤

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「介護福祉情報」のコラム

2012国際福祉機器展(2012/08/18 09:08)

介護福祉事業者のIT化(2011/10/13 17:10)

室内のニオイ対策(2011/10/13 07:10)

小児用座位保持装置(2011/10/12 06:10)