高い断熱性能でも隙間があると寒い! - エコ・省エネ住宅 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高い断熱性能でも隙間があると寒い!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. エコ・省エネ住宅
省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵 5.断熱性能などについて

家の気密性というものを押さえておこう

断熱性能の大切さをこのコラムでは綴ってきました。
一番代表的な数字としてお伝えしてきたのが熱損失係数のQ値でした。

 ※Q値に関しては別途コラムをご覧ください。

 家の断熱性能を高めるには、このQ値が根本的に大切になりますが、それ以外にも大切なものがあります。それは「どれだけこの家が気密がとれているか?」を示すC値というものです。これは家の床面積1㎡あたり、どれだけ隙間が空いているか?をcm2で示す数字です。例えばこの数字が1.0なら、1㎡あたり1cm2の隙間があるということになります。延べ面積100㎡の家でしたら、100cm2も隙間があることになります。

 

衣服でイメージすれば分かる!いい断熱でも隙間があると寒い!

「え〜、そんなに隙間があるの?」と感じるひともいるかも知れませんが、さらに興味深い話しがあります。

次の各国のC値の基準をご覧ください。

 アメリカ  4.55
 ノルウェー 1.65
 ドイツ   1.16(cm2/m2)
 日 本  「Q値」と同様に、北海道から沖縄までを6つの地区に分けられていて、1~2地区が2.0cm2/m2、3~6地区が5.0cm2/ m2と設定

基準の厳しいドイツで1.16です。それに対して、日本の数字は4地域で5.0。しかも、基準ではなく参照数値となっています。

 ※ドイツではこの数年でさらにこの数値が小さくなる予定です

 これは善し悪しの問題ではなく、もし「省エネの住宅をつくる」という前提なら、この5.0という数字は、かなり悪いわけです。イメージで言えば、断熱性能の高い上着をまとっているけど、隙間が空いていて寒い!という感じです。

 C値で目指したいのは1.0以下の数字です。これは、ある一定の腕をもっている工務店さんにしっかり指導すれば、実現出来るものなので、当社としても今後さらに普及させていきたいと考えています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵」のコラム

このコラムに類似したコラム

断熱性能の基本的な考え方について 八納 啓造 - 建築家(2013/03/19 22:03)

シロアリの来ない家づくりを! 田中 伸裕 - 建築家(2011/11/02 16:14)

「建ててホントに良かったです!」 浜田 肇一 - 工務店(2011/01/18 21:53)

何でこんな時に・・・毛染め中の緊急電話連絡 信戸 昌宏 - 建築家(2016/08/04 12:00)

そんな気がしません。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/06/21 12:00)