断熱性能の基本的な考え方について - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

断熱性能の基本的な考え方について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵 5.断熱性能などについて

当社の基本的な断熱性能に対する考え方について

10年前から、北欧やカナダの住宅づくりの研究をしてきた工務店さんと組んで、エコ住宅の研究と実践をしてきました。

東日本大震災以降、日本だけでなくEUをはじめとした先進国でも、さらにエコについての関心が高まり、一気に加速しはじめました。

2013年1月にドイツにエコ建築の視察に行った時に、「家の断熱性能の考え方がEUと日本では全く違う」と実感しました。

例えば、断熱性能を表す数値で「熱損失係数Q値」というものがあります。シンプルにいえば、数字が大きくなればなるほど熱の損失が大きくなる数値です。

このQ値ですが、太平洋側の地域は地域Ⅳというエリアになります。
※分布の詳細はこちらをご覧ください
((財)建築環境・省エネルギー機構 (IBEC)のHPより)

 

大きく違うヨーロッパのQ値

次世代省エネ基準でみるとQ=2.7になります。しかし、図から見ても分かるように、ヨーロッパなどでは、2.0を下回っています。しかも、これがヨーロッパでは基準として使っている数字で守らなければいけません。それに対して、日本の次世代省エネ基準は、2016年から基準になることからみてもかなり遅れを取っている事が分かります。


私たちは「ヨーロッパなどの世界基準」を意図して断熱性能などを設定しています。また、今後ともQ値計算を詳細に設計時の組み込みながら、Q値=1.0〜2.0程度の断熱計画を行っていく予定です。

次回以降にその具体的な考え方をお伝えしましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵」のコラム

このコラムに類似したコラム

高い断熱性能でも隙間があると寒い! 八納 啓造 - 建築家(2013/03/22 00:19)

「認定低炭素住宅」 清水 康弘 - 工務店(2013/04/13 10:15)

「パッシブデザイン」 清水 康弘 - 工務店(2013/03/12 14:36)

「地で行く自立循環型住宅」 清水 康弘 - 工務店(2012/09/18 17:34)

「いよいよ始まります」 清水 康弘 - 工務店(2012/05/10 14:21)