建物外部からの物体の落下、飛来、衝突 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

建物外部からの物体の落下、飛来、衝突

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険
意外かもしれませんが、火災保険は燃えたときだけでる訳ではありません。それ以外にも補償があります。請求漏れをしないようにしましょう!

1 パンフレットには
パンフレットには必ず記載があります。
[建物外部からの物体の落下、飛来、衝突]の補償内容に、支払例がちゃんと書いてあります。
「航空機の墜落、車両の衝突」。
こんな事故はほぼあり得ないが車両が衝突してきて外壁が壊れることはよくあります。

2 実例
車が自宅駐車場に飛び込んできました。買っていた保険は建物の火災保険壊された物は、
・停めてあった車
・外壁
・玄関アプローチ
・水道メーター
・土間
・花壇

3 支払の有無
・停めてあった車(建物ではないから支払対象外)
・外壁(支払対象)
・玄関アプローチ(建物ではないから支払対象外)
・水道メーター(建物ではないから支払対象外)
・土間(建物ではないから支払対象外)
・花壇(建物ではないから支払対象外)

4 結局
・損害額約35万円
・保険金支払い対象約25万円
・臨時費用保険金(30%)7.5万円
35万−25万円−7.5万円=2.5万円(自腹)
少しだけ、自腹がでるが、意外と使えますよね!
このご契約者は、このブログで僕とコミュニケーションが取れていて火災保険の保険金請求ができることに気が付きました。

代理店とのコミュニケーションは大切ですね。


その他情報はこちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog