「2022年度末 国債残高1000兆円へ」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「2022年度末 国債残高1000兆円へ」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、この度、財務省が10年後の日本国債の発行残高が、1000兆円を超えるという試算を発表しました。

 

「すでに、国の借金は1000兆円では!?」

と思われた方もいるかもしれませんが、上記はその中の“国債残高”だけを抜き出した数値です。

 

2013年には730兆円余りの国債残高が、これから10年後の2022年には1000兆円を超えるとしています。

 

ただし、ここで注目しなければならないのは、この試算の前提条件です。

※試算や推計は、必ず前提条件の確認が重要です。

 

現在予定している消費税の増税を実施したうえで、尚且つ、名目成長率3%が達成できるという前提条件です。

ある意味、“アベノミクス”の効果で、経済成長が軌道に乗ったとしても、これだけ国債の発行残高が増えていくということです。

 

そして、景気拡大により、税収の押し上げが期待できる反面、長期金利の上昇も考えられます。

 

今回の試算では、長期金利は現在想定している1.8%から2.5%に上がると見込んでいます。

金利が上昇することによって、国債の元利払い(国債費)も上昇し、金利部分の負担が大きくなる為、借金はますます減らすことが難しくなっていきます。

 

それにしても、名目成長率“3%”が前提の試算でも、これだけ厳しい財政状況が想定される中、“アベノミクス”を始め、経済成長が思うように伸びなかった場合、一体どうなってしまうのか。

 

お役所の試算は、大体外れることが多いので、正直鵜呑みにはできません。

 

やはり、考えたくはないですが、“最悪な状況”も想定しながら、中長期的に対応できる「プラン」を作っておくしかないようです。

 

 

さて、18日から始まるワールドベースボールクラシックの決勝ラウンド、オールジャパンで応援し、何としても“3連覇”しましょう!

※野球ネタは、熱いです(笑)

 

そして、来週末には、花見がそろそろ始まりそうですね。

では、今週も、穏やかな週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「英国の法人税、21%に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/12/08 12:40)

日本国債格下げの影響について 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/17 17:00)

平成24年度の国債発行予定額は174.2兆円です 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/15 16:00)

日本国債のデフォルトについて考える 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/12 16:00)

日本国債の行方と金利の動向-1 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/08 16:00)