猛威を振るう花粉症!スギ花粉量増加に勝るとも劣らない現代の悪化要因とは? - 疲れやすさ - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

猛威を振るう花粉症!スギ花粉量増加に勝るとも劣らない現代の悪化要因とは?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 疲れやすさ

「花粉症」が今まさに猛威を振るっています。寒の戻りで寒い日はまだ良いのですが、気温が上がって風が強く晴れた日には、くしゃみを連発し、鼻をしきりにかむ方が方々で後を絶ちません。また目がかゆくて仕方なく、涙で顔をクシャクシャにしている方も目立ちます。皆さんはいかがでしょうか。

今年はスギ花粉の「表年」ということもあって、非常に多くの花粉が飛び廻っています。花粉飛散予報ではここ数日、毎日のように関東地方などでは「非常に多い」という予報が出され続けています。

今年は昨年の約5倍もの花粉量だと言われていますし、一説では「今年は史上最高の花粉量か!?」などとも囁かれています。

 

私の経営する東京大田区の「蒲田よしのクリニック」に於いても、連日のように花粉症に伴う症状、すなわち多量の鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、流涙などに苛まれて来院される方が大勢いらっしゃいます。

中には鼻水やくしゃみが止まらず、問診の会話さえも思うに任せないほど症状がひどい方もおります。

多くの方にとって、花粉症は毎年のように悩まされる季節病であり、「今年もまたやって来たか・・」などとうんざりしています。

しかし一部には、昨年まで何ともなかったのに、今年になって初めて花粉症の症状に襲われた、という方も少なくありません。つまり今年になって新たに花粉症を「発症」してしまったのです。

 

花粉症にかかる方に共通する傾向として、比較的若い方が多いということが指摘できます。10代から40代くらいの若年~中年の方が大半です。

それに対して50代以上の中高年の方はあまりいません。どうやら若い方がかかりやすい病気のようです。

実際に60歳以上の高齢の方々に話を聞くと、「昔は花粉症などなかった・・」と皆さん口を揃えておっしゃいます。

実際に高齢者の方々が若かった50~60年前は、花粉症という病名が存在しなかっただけでなく、花粉症を思わせる症状、すなわち春先など特定の時期に鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状に悩まされるような人が、殆んどいなかったのです。

 

それでは何故この時代になって、花粉症にかかる人が俄かに増えたのでしょうか。

よく指摘されるのが、戦後まもなくスギの植林が盛んに行われ、その結果としてスギの花粉が近年たいへん増えているという説です。

確かに戦後の住宅建設ラッシュを支える手段の一つとして、スギの植林が盛んに行われ、スギの花粉量が著しく増えたのは確かです。しかし原因はそれだけでしょうか。

 

花粉症の方々およびその周囲を見ていて不思議に思うのは、当の本人は花粉症で苦しんでいるのに、その周囲の家族や友人、同僚などは全く意に介さずで、鼻水もくしゃみも何の症状もない、というケースが少なくありません。

つまり同じように多量の花粉が舞っていても、花粉症になる人とならない人がいるのです。

この差は一体どこから生じるのでしょうか。そこには花粉量という「環境面」の原因と並んで、あるいはそれ以上に、個人の「体質的」な原因が大きな要素として存在しているのです・・(続く)

 

蒲田よしのクリニック(内科)
吉野 真人
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1階
Tel : 03-6424-7071 FAX : 03-6424-7072
http://www.kamata-yoshino-clinic.com/ (公式HP)
http://www.yoshino-radon.com/ (ガン専門HP)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。