プレゼンテーション 80 ~Step 1 :最初に全体像を伝える~ - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

リリア株式会社 代表取締役
東京都
人の印象の専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンテーション 80 ~Step 1 :最初に全体像を伝える~

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル

あなたは、プレゼンテーションが上手くなりたいですか?

 

「なぜ、あの人の話が分かりずらいのか?」を紐解くことで、

相手に伝わる話し方に近づくには、何に気を付ければいいかが分かってきます。

話が分かりずらい要因を一つずつ例にあげて解決していきます。

 

一つの内容だけを伝える場合には、そう難しくないでしょう。

しかし、伝えたい内容が複数ある場合は、特に注意が必要です。

 

今何を伝えているのか、自分では把握していますが、相手にとっては今どこを話しているのか伝わらりにくいものです。

 

人の記憶は、イメージ記憶というわれるように、イメージを頭の中に浮かべて理解していきます。

そのためには、相手の頭の中に目的地までの道順を作ってあげることが効果的です。

 

話の現在地を確認するためのStepを3つに分けます。

今回は、「Step 1 最初に全体像を伝える」をご紹介します。

 

◆  話の現在地を確認するためのStep 1 :最初に全体像を伝える ◆

 

マラソンに例えると、スタート地点とゴール地点の場所だけを教えられても、

どのようなのルートを通っていくのかを理解しなければ、走り出すことは困難です。

それと同じで、最初にゴール地点はどこで、その間の重要なポイントは何で、という道のりを説明する下準備を行います。

 

(プレゼンテーションの初めに伝えることの例)

・どのくらいの時間がかかるのか

・幾つの内容(項目)をこれから伝えるのか

・一番伝えたいことやゴール、目標は何か

など

 

まずは、スタート地点から、道順をたどり、どのようにゴールしていくか、相手にイメージしてもらいましょう。

一緒にスタート地点に立つことができ、プレゼンテーションのセッティングが完了します。

 

 

・最初に全体像を伝えることで、あなたのプレゼンテーションにどんな変化がありそうですか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 人の印象の専門家)
リリア株式会社 代表取締役

人と人のコミュニケーションに欠かせない印象マネジメント

イメージコンサルティング、コーチング、カウンセリング、の技術を習得後、自身のブランディングの効果を元に、人の印象の専門家として、人のポテンシャルを最大化させる「印象マネジメント」を体系化し、企業向け、個人向けサービスとして現在展開中。

このコラムに類似したコラム

【英語プレゼン】恋の告白とプレゼンの共通点 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/02/12 11:00)

【英語プレゼン】聴衆に道しるべを 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/02/04 11:00)

【英語プレゼン】プレゼテーションはプレゼント 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/27 11:00)

【英語プレゼン】効果的な話し方 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/23 11:00)