「長期金利 一時0.6%割れ」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「長期金利 一時0.6%割れ」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

 

このところのNYダウの好調さと、日銀総裁候補の目途がたったこともあり、日本の株式市場も上昇が続いていますね。

 

日銀総裁候補の黒田氏の「何でもやる」といった言葉に触発され、更なる金融緩和が続くとの思惑から、長期国債が買われ、長期金利はついに0.6%をわれて、3月5日には0.585%にまで下がりました。

これは、2003年6月以来、9年8カ月ぶりの水準です。

 

10年満期の国債を購入して、金利が年たった0.6%もないということです。

 

ただ、これはあくまで“目先の動き”です。

 

今後、「物価目標2%」を目指すということは、長期金利も上昇していくのはまず間違いありません。

 

従って、個人投資家として、今やってはいけないことは、この低金利の時に、期間の長い定期預金や債券を購入しないということです。

逆に、やっておきたいことは、住宅ローン金利は、極力期間の長い固定金利にしておくということです。

実際に、今年に入ってから、住宅ローンを組む際に、固定金利を選ぶ利用者が5割を超えたといわれています。

 

また、企業も、今の金利水準のうちに、資金調達をしておきたいことから、期間が長めの社債発行を積極的に行っています。

 

異常な「低金利状態」は、もうしばらくは続くと思われますが、どこかのタイミングで、“金利上昇”のスイッチが入ることとなるでしょう。

 

私たちの生活に直結するだけに、「金利動向」にも注目しておきたいですね。

 

世間は、だいぶ春めいてきました。花粉も満開です・・・

今週も、良き週末をお過ごし下さい!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

金融政策は一線を越えたのか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/08 17:04)

ドル高・株高・債券高のトリプル高、実は反動が怖い。 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/19 11:14)

「長期国債保有、紙幣の発行残高を超える!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/08/17 14:03)

資産運用の環境を読み解く~手詰まり感が強い米国の金融政策 松永 文夫 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/30 03:10)

「世界の社債発行額、過去最高に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/11 11:44)