当座比率の続き - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

中島 成和
中島事務所 
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
森 滋昭
(公認会計士・税理士)

閲覧数順 2017年03月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

当座比率の続き

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
会計
いつも、ありがとうございます

お昼休みの公園、

桜の花の咲く下で

お昼を食べている方が、増えてきました

お元気ですか?


今回は、当座比率の続きです

当座比率は、100%以上が好ましいとされています


100%以上と言うことは

当座資産が、流動負債より多いと言うこと

つまり、

現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券など

現金化しやすいもので

買掛金や未払金や1年以内に支払期限が来る

借入金などを十分払えると言うことです